ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

TOYOTA STARLET (KP60) 1978 JAPAN

TOYOTA STARLET (KP60) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION 132 1/43 88㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.75m 全幅約1.53m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 72HP 5段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでトヨタ スターレットのミニカー検索

 

トヨタ スターレット KP60型 日本 1978

 

 スターレットの2代目は1978年に登場しました。当時主流となりつつあったハッチバック スタイルを採用していましたが、中身はオーソドックスな後輪駆動車でした。エンジンは排気量を100ccアップした4気筒1.3L(72HP)のK型で、3段AT/5/4段MT変速、最高速は約150km/hほどの性能でした。3/5ドアハッチバックとバンがありました。

 

 前輪駆動の利点よりも後輪駆動の信頼性を重視した設計でしたが、軽量ゆえの軽快な走りの経済車として人気があり、モータースポーツで活躍したことでスターレットの評判を上げたモデルでした。1980年のマイナーチェンジで角形ヘッドライトに変更し、女性仕様車のリセが設定されています。

 スターレットと同時期の1978年にトヨタ初の前輪駆動車としてコルサ/ターセルが登場しました。前輪駆動ながらエンジンを縦置きするなど中途半端な構成で、山口百恵が登場したCM「百恵の、赤い靴」以外では、あまりぱっとしない印象の薄い車でした。なおコルサ/ターセルのミニカーは現時点(2018年)でありません。

 

 

 ミニカーは2011年に発売された国産名車コレクションで、メーカーはイクソと思われます。プロポーションが良く細かいところもそこそこ再現されていて、実車のイメージが良く出ています。2代目スターレットの当時物ミニカーは前述したセリカ 3代目と同じトヨタ特注の販促用ミニカー(1/43)が出ていましたが、あまり良い出来ではありませんでした。これ以外ではアオシマがコールドキャストでマイナーチェンジ版をだしており、小スケールではコナミの1/64があります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA STRARLET (KP60) 1
TOYOTA STRARLET (KP60) 2

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=994

   

TOYOTA COROLLA LEVIN (TE71) 1979 JAPAN

TOYOTA COROLLA LEVIN (TE71) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 1534 (G130) 1/40 106mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.18m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: DOHC4気筒 1.6L 115HP 5段変速
性能: 最高速175km/h
データーベースでトヨタ カローラ/スプリンター 4代目のミニカー検索

 

トヨタ カローラ レビン TE71型 日本 1979

 

 カローラ/スプリンターの4代目(70型)が1979年に登場しました。ボディは直線を基調としたシンプルなウェッジシェイプスタイルとなりました。2/4ドアセダン、2ドアハードトップ/クーペ(レビン/トレノ)、3ドアリフトバック、5ドアバンがラインナップされ、セダン系には丸型4灯、ハードトップ/クーペ系には角形2灯ヘッドライトが採用されました。このセンスの良いデザインはイタルデザインのG.ジュジアーロによるものではと言われましたが、トヨタ内製だったそうです。

 

 メカ的には後輪サスペンションに4リンク/コイルが採用されたのが目新しい点でした。エンジンは4気筒1.3L(72HP)K型/1.6L(115HP)T型と新規の1.5L(80HP)A型で、3/4段AT/5段MT変速で、最高速は175km/h(GT系)の性能でした。スポーツ仕様のレビン/トレノだけではなく、4ドアセダンにもDOHCの2T-Gエンジンを搭載するGTが設定されました。1981年のマイナーチェンジでセダンも角形2灯式ヘッドライトに変更されました。(この頃から丸型ヘッドライトはバンやトラックなどにしか見られないようになっていきました) 1982年に4気筒1.8L(65HP)のC型ディーゼルエンジンがセダンに追加され、カローラ初の5ドアワゴンも設定されました。1983年に5代目カローラ/スプリンター/4代目レビン/トレノにモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは1980年に発売された当時物のダイヤペット製です。当時のダイヤペットではリアルな作風を特徴としていた12番工場製で、シンプルな実車の雰囲気がうまく再現されています。フロントグリルや室内などの細部もリアルにできています。これ以外のTE70型レビン/トレノの当時物ではトミカのレビンがありました。最近では当時物をリファインしたトミカ リミッテドのレビン、HI-STORY(レジン製)のレビンなどがあります。なおスプリンター トレノはモデル化されていないようです。 以下はダイヤペットのフロント/リアの拡大画像と室内/ボンネットを開いたエンジン部の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA COROLLA LEVIN (TE71) 1
TOYOTA COROLLA LEVIN (TE71) 2

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=995

   

TOYOTA CROWN ROYAL SALOON (MS110) 1979 JAPAN

TOYOTA CROWN ROYAL SALOON (MS110) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 1537 (G135) 1/40 123mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.86m 全幅約1.72m
エンジン 変速機: 6気筒 2.8L 145HP 5段変速 4段自動変速
性能: 最高速180km/h
データーベースでトヨタ クラウン S110型のミニカー検索

 

トヨタ クラウン ロイヤルサルーン MS110型 日本 1979

 

 クラウンの6代目が1979年に登場しました。先代の角張ったデザインが洗練され、セダンは角形4灯式ヘッドライト(4ドアハードトップは角形2灯)を採用していました。エンジンは6気筒2.8L(145HP)/2L(125HP)M型と4気筒2Lディーゼルで、3/4段AT/5段MT変速で、最高速は180km/h(2.8L)の性能でした。

 

 4ドアセダン、2/4ドアハードトップ、ワゴン(バン)のバリエーションがあり、2ドアハードトップにはルーフ後部にレザー貼りしたランドウトップというオプションもありました。燃費などが表示されるクルーズ コンピュータなどマイコンを搭載した目新しい電子機器が装備されるようになりました。1980年には2Lエンジンにトヨタ初のターボ仕様(145HP)が設定されました。

 1981年のマイナーチェンジで前後パネルが変更され、フォグランプを内蔵した角形2灯式ヘッドライトが採用されました。M型2.8LエンジンにはDOHC仕様が設定され、2LエンジンはM型から新しいG型に切り替わり、ディーゼルにターボ仕様が追加されました。この頃から排ガス対応でのパワーダウンを挽回するハイパワーエンジンが復活してきました。1974年に7代目クラウンにモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で1980年に発売されました。全体的なプロポーションは良いのですが、肝心のフロントグリルが大雑把な造形でしかもヘッドライトが青色となっていて実車のイメージから外れています。ダイヤペットの当時物では1/30の4ドアハードトップもあるのですが、そちらは製作している工場がセンスの良い12番工場なのでなかなか良い出来ばえです。(これは残念ながら持っていないので、画像はカタログからコピーしました) それ以外の当時物としてはトミカがあり、最近の物ではトミカ リミッテドが4ドアハードトップをモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像とボンネットを開いたエンジン部/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA CROWN ROYAL SALOON (MS110) 1

TOYOTA CROWN ROYAL SALOON (MS110) 1
TOYOTA CROWN ROYAL SALOON (MS110) 2

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=996

   

 

TOYOTA HILUX (30/40 EXPORT EDITION) 1981 JAPAN

TOYOTA HILUX (30/40 EXPORT EDITION) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
メーカー不詳 8529 1/43 101mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m 全幅約1.61m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 80HP 5段変速
性能: 最高速 不詳(130km/h?)
データーベースでトヨタ ハイラックスのミニカー検索

 

トヨタ ハイラックス (30/40系 輸出仕様) 日本 1981

 

" 日野自動車はコンテッサの4気筒893㏄エンジンを流用した、FR方式の小型トラック/ライトバンのブリスカ(BRISKA)を1961年に発売しました。1965年にエンジンを1300㏄に変更したブリスカ 1300にモデルチェンジし、積載量1tのピックアップとなりました。1966年に日野自動車はトヨタ自動車と業務提携し、日野は大型車に専念することになり、ブリスカの販売権はトヨタに移りました。1968年にブリスカはモデルチェンジし、ハイラックス(初代 10系)に名前が変更されました。当初のエンジンは1.5L(70HP)で1971年に1.6L(83HP)に変更されました。なおトヨタには同じようなピックアップでスタウト(STOUT)もありましたが、後にハイラックスに統合されました。 (実車画像→ ハイラックス 初代(10系))"

 

" 1972年にハイラックス 2代目(20系)が登場しました。先代の1.6Lに加えて2L(105HP)エンジンを搭載するハイウェイが追加され、ハイウェイには3段自動変速機が設定されました。1975年のマイナーチェンジで、フロントグリルが変更され、エンジンは1.6Lだけとなりハイウェイは廃止されました。 (実車画像→ ハイラックス (20系) 1975)"

 

 

"  1978年にハイラックス 3代目(30/40系)が登場しました。ヘッドライトが丸形2灯式となり、アメリカ市場対応で乗用車的な装備と乗り心地となりました。標準ボディとロングボディが設定され、上級モデルのスーパーデラックスはキャビン部分を長くして室内を広くしていました。1979年にディーゼル エンジン(4気筒2.2L)エンジンが追加され、2Lエンジンを搭載したハイラックス初の4WD仕様も追加されました。1981年のマイナーチェンジで、ヘッドライトが角形2灯式に変更されました。なおハイラックスという名前はHIGHとLUXURYを合成した造語で、豪華な商用車を目指した物だったので、その名前にふさわしい車となりました。1983年にハイラックス 4代目(50/60/70系)にモデルチェンジしました。

 ミニカーは1983年頃に発売された当時物です。ハイラックス 3代目で角型ヘッドライトを採用したマイナーチェンジ後の左ハンドルの輸出仕様をモデル化しています。メーカーは不詳でディーラー向けの販促品(トヨタ特注品?)として作られたもので、市販されたものではありません。(私はミニカー専門店経由で入手しました) 北米ではこの類のピックアップトラックの人気が高かったので、販促品としてモデル化されたのでしょう。当時としては珍しい1/43サイズのミニカーで、あまり良い出来ばえではありませんが、浮き出し加工されたTOYOTAロゴが付いたリヤゲートなどに実車の雰囲気がそこそこ再現されています。ドアとボンネットが開閉するギミック付きです。ハイラックス 3代目までのミニカーはトミカが初代の郵便車仕様と3代目の4WDとキャンピングカー、ダイヤペットが3代目の4WD、アシェットの懐かしの商用車コレクションが3代目の灯油配達仕様と郵便車仕様をモデル化しています。 以下はフロント(ボンネットを外したエンジンルーム)/リアの拡大画像と室内の画像です。なおボンネットはヒンジが破損したので、ボンネットを外した状態で撮影しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA HILUX (30/40 EXPORT EDITION) 1
TOYOTA HILUX (30/40 EXPORT EDITION) 2

 以下は1981年に発売されたダイヤペット製のハイラックス 3代目(1/40 型番T3)の画像です。1979年に追加された4WDをモデル化しています。このミニカーは保有していないので、画像はダイヤペットのカタログから流用しました。
TOYOTA HILUX 4WD 4

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1663

   

TOYOTA SOARER 2800GT EXTRA (Z10) 1981 JAPAN

TOYOTA SOARER 2800GT EXTRA (Z10) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 1587 (G1) 1/40 120mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.66m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 6気筒 2.8L 170HP 5段変速 4段自動変速
性能: 最高速200km/h以上
データーベースでトヨタ ソアラ Z10のミニカー検索

 

トヨタ ソアラ 2800GT エクストラ Z10型 日本 1981

 

 ソアラは豪華で高性能なスペシャリティカーとして1981年に登場しました。外観は定番のロングノーズ/ショートデッキ スタイルですが、高級感が感じられる上品なデザインでした。見た目は大人しいですが、6気筒2L(125HP)1Gと2.8L(170HP)5M-Gの高性能DOHCエンジンを搭載し、4段AT/5段MTで、最高速は200km/h以上と国産車トップの高性能でした。デジタル表示のスピードメーターとLEDバーのタコメーターを組み合わせた未来的なデジタルメータなど、先進的な装備も満載でした。

 

 発売直後に2Lターボエンジンが追加され、1982年にはATも制御するエンジン総合制御システムTCCSが採用されました。1983年にマイナーチェンジされ、ターボにインタークーラーが付けられ、2Lの1GにDOHCが追加され、1985年には2.8Lが3Lに変わりました。(高性能エンジンのオンパレードでした) 発売当時の2800GTは300万円と高価で、当初は誰が買うんだろうかと思いました。しかしソアラは大ヒットして、この頃から始まるハイソカーブームの先駆けとなりました。先に登場していた同じコンセプトの日産 レパードは、ソアラの圧倒的なエンジン性能の前に完敗しました。

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、1981年に発売された当時物です。プロポーションはまずまずで、フロントグリルの造形は結構リアルで当時のミニカーとしては良く出来ていました。ただ全体的にややごつい出来ばえなので、繊細なソアラのイメージが今ひとつです。ボンネット/ドア/トランクが開閉するフルギミック付きです。ダイヤペットは1/30の2800GT、2000GT ターボ、ボディに透明プラスチックを使った2000GT ターボも作っていました。初代ソアラの当時物ミニカーはトミカがあり、最近ではトミカ リミッテド、コナミ、リアルX、アオシマ DISMの前期型/後期型、国産名車コレクション、レジン製ではイグニッションモデルやMARK43などがあります。 最近の少量生産レジン製ミニカーはメイクアップ系(アイドロンやビジョンなど)は出来が良いものの高価で、それ以外の新興ブランドの物はその出来ばえを考慮してもとても理解できない法外な価格で経年劣化があるので、とても買う気にはなりません。 以下はダイヤペットのフロント(ボンネットを開いたエンジンルーム)/リア(トランク開閉と室内)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA SOARER 2800GT EXTRA (Z10) 1
TOYOTA SOARER 2800GT EXTRA (Z10) 2

 以下は1981年に発売されたダイヤペットのソアラ 2000 ターボ(1/40 型番S6)の画像です。これは当時のターボ車4台(トヨタ ソアラ、日産 レパード、日産 ブルーバード、三菱 ギャラン ラムダ)をセットにしたターボ車4台セットの一台です。上記の2800GTと同じ物ですが、ドアにTURBOロゴが追加されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA SOARER 2000 TURBO (Z10) 1
TOYOTA SOARER 2000 TURBO (Z10) 2

 以下は1983年に発売されたダイヤペットのソアラ 2000 ターボのクリアボディ仕様(1/40 型番H1)の画像です。ボディを透明プラスチック製に変更し、内装の仕上げを変えてあります。ゴルフバッグを積んだトランクや起毛処理されたシートなど凝った内装で面白いミニカーに仕上がっていて、実車の販促用ノベルティにも使われたたと思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA SOARER 2000 TURBO (Z10) 1
TOYOTA SOARER 2000 TURBO (Z10) 2

 以下は2006年に発売されたアオシマ DISMのソアラ 2800GT 前期型(1/43 型番75159)の画像です。DISM流のやや平べったい造形ですが、ソアラ初代の雰囲気は良く再現されています。フロントグリルの造形はリアルで、内装もインパネとシートの色が実車同様で青緑の文字で表示するデジタルメーターがそれらしく再現されています。さらに車高を下げることが出来る面白いギミックまで付いています。フェンダーミラーが少し大きめですが、ソアラ初代のダイキャスト製1/43ミニカーとしては一番良い出来ばえだと思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA SOARER 2800GT (Z10) 3
TOYOTA SOARER 2800GT (Z10) 4

 以下はフロント/リアの拡大画像と車高可変ギミックの画像です。底板のレバーを切り替えることで、車高を変えることができます。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA SOARER 2800GT (Z10) 3
TOYOTA SOARER 2800GT (Z10) 4

 以下は2013年に発売された国産名車コレクションのソアラ 2800GT 前期型(1/43 No.193)の画像です。上述したアオシマ DISM製の型を流用しています。安価な雑誌付きミニカーなので車高可変ギミックを削除し内装の仕上げレベルを下げることでコストダウンしています。これ以外にも国産名車コレクションにはアオシマ DISM製の型を流用した物が10数種類ありました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA SOARER 2800GT (Z10) 9
TOYOTA SOARER 2800GT (Z10) 10

 以下は2022年に発売されたアシェットの国産名車プレミアムコレクション製のトヨタ ソアラ 2800GT エキストラ (1/43 No.10)の画像です。メーカーは中国のSUMS MODELで同社のオールモーストリアル(ALLMOSTREAL)ブランドでモデル化しています。個人的にはこのソアラ初代の出来ばえを発売前から期待していたのですが、今一つの出来ばえでした。サイドビューを見るとキャビン部分の高さが少し大きめで、ソアラ初代のかっこいいプロポーションがうまく再現されていません。また結構な値段がするのに室内の内装全体が黒一色で安っぽく、豪華なソアラの内装ではありません。(インパネのデジタルメータは良く再現してありますが) さらにフロントのヘッドライトの造形も今一つです。総括すると細部のリアルさはまずまずなのですが、ミニカー全体としてはセンスの良くない造形と仕上げです。これは個人的な評価ですので、そう思わない方もいらっしゃるでしょから、サイドビューについては実車との比較画像を載せておきました。 (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA SOARER 2800GT (Z10) 11
TOYOTA SOARER 2800GT (Z10) 12

 以下はフロント/リアの拡大画像です。フロントグリル内のエンブレムはリアルですが、実車のヘッドライトはヘッドライトを囲む枠が目立つので、そのあたりの造形が今一つです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA SOARER 2800GT (Z10) 13
TOYOTA SOARER 2800GT (Z10) 14

 以下は実車のサイドビュー画像とミニカーのサイドビュー画像を並べてみた画像です。キャビン部分の高さがやや大きいので車高が高くなり、私の感性ではソアラ初代のバランスの良いデザインがうまく再現されていないと思います。ついでに言うとホイール/タイヤのサイズも少し小さめです。
TOYOTA SOARER 2800GT (Z10) 14

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=999

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  ...27 次へ » 

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2023 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.