ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

DUESENBERG J CONVERTIBLE VICTORIA 1933 USA

DUESENBERG J CONVERTIBLE VICTORIA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLINMINT RU77 1/24 252㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6m 全幅約1.85m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 6.9L 265HP 3段変速
性能: 最高速186km/h
データーベースでデューセンバーグのミニカー検索

 

デューセンバーグ J コンバーチブル ビクトリア アメリカ 1933

 

 コード傘下となったデューセンバーグが1928年に発表したモデル Jはデューセンバーグを一躍有名にしました。モデル Jはアメリカ最大、最速、最高品質を目指して開発され、値段も当時最高の超豪華車でした。サイズは全長約5.6m(リムジーン)、性能は当時レーシングカーしか採用していなかったDOHC方式8気筒6.9L(265HP)エンジンを搭載し最高速180km/h、コーチビルダーが特注ボディを架装して販売され、その価格は大衆車T型フォードの約40倍でした。この車を買えたのは当時のハリウッドの大スターや王侯貴族だけでした。

 

 ボディは有名なコーチビルダーが担当し華麗なデザインのボディが架装されました。ボディ形式としては4ドアセダン、2ドアクーペ、スパイダー、フェートン(4座オープン)、ダブル カウル フェートン(前席/後席にスクリーンが付いた4座オープン)などがありました。最も高価なモデルは当時の価格が2万ドルであったことから「トゥエンティ グランド」と呼ばれていました。

 

 

 この車は往年のハリウッドの名女優グレタ ガルボ(Greta Garb もう知らない人が多いでしょうが)が所有していたとされる、デューセンバーグ J コンバーチブル ビクトリアです。全長が6mを越える長い車で少し奇抜なデザインですが、最も優美なデューセンバーグとも言われています。極端に低いウインドシールドと大きなドアを持ち、リアには巨大なトランクと2本のスペアタイヤを背負っています。幌を立てると後席に乗車しているオーナーの姿はほとんど見えないようになっています。ボディを架装したのはフランスのコーチビルダー ダリンでした。

 ミニカーはフランクリン ミント製の1/24で、1990年頃に購入しました。当時フランクリン ミントのミニカーは国内では同社の通信販売でしか購入できませんでした。フランクリン ミントは現在のオートアートなどの大スケールミニカーの先駆けで、シャーシ/エンジン/サスペンションなどのメカ部分が金属製パーツ主体で再現されドアやボンネットが全て可動する、当時としては最も精密なミニカーでした。当時の価格は29500円とかなり高価でしたが、その価格に見合った素晴らしい出来ばえです。以下はフロント/リアの拡大画像とキャビン部分の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

DUESENBERG J VICTORIA 1
DUESENBERG J VICTORIA 2

 以下はボンネットを開いたエンジン部分の画像とシャーシ/サスペンションなどのメカ部分の画像です。エンジンはかなりリアルに再現されていて、手前右下にハンドルに直結されたステアリングシャフトが見えますが、このシャフトは先端についたギヤで実際に前輪を操舵します。(実車と同じ構造ではないですが) (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
DUESENBERG J VICTORIA 3
DUESENBERG J VICTORIA 4

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=325

   

DUESENBERG SJ FISHTAIL 1933 USA

DUESENBERG SJ FISHTAIL 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 86 1/43 142mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6.1m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 6.9L スーパーチャージャー 320HP 3段変速
性能: 最高速250km/h
データーベースでデューセンバーグのミニカー検索

 

デューセンバーグ SJ フィッシュテール アメリカ 1933

 

 前述したようにデューセンバーグ Jは1929年から始まった世界大恐慌の時代に成功しており、当時のユーザーはまだ不況とは無関係だったようです。このようなユーザーに向けてさらに高級な車が1932年に発表されました。スーパーチャージャーを追加して320HP 250km/hに性能を向上させたモデル SJです。スーパーチャージャーの追加で排気管がボンネット右側面から取り出されるようになり迫力のある外観となっています。

 

 ただデューセンバーグが輝いていたのはほんの数年でした。1932年にデューセンバーグ創始者のフレッドが、自分が開発したSJの自動車事故で死亡しています。これと呼応するかのようにデューセンバーグを有するコード帝国もL29の販売不振から崩壊し始め、1937年にデューセンバーグ社は倒産しました。

 前述したJ ビクトリアは全長の長い車でしたが、この車も同じくらい長い車です。この車はアメリカのコーチビルダー ウェイマン(WEYMANN)が架装したボディで、そのリアの形状からFISH TAIL(魚のしっぽ)と名付けられています。2座のオープンボディでテール部分にはトランクらしきものがありますが、ほとんどがデッドスペース?で現在では考えられない贅沢なスペースの使い方です。現在のような実用性重視で設計された車とは全くの別物で、このような無駄に思える虚飾を追及していることがこの種の車の魅力なのです。

 

 

 ミニカーは前述したリオのバリエーションで、1993年に発売されました。ボディ後半の型を大幅に変更して、この特徴的なボディを再現しています。ボディ全体を上から見ると、車というよりもボートのような形状をしています。ボンネットの上部を取り外すことができ、ボンネット右側面から出る排気管を持つスーパーチャージャー付エンジンもそこそこリアルに再現されています。(なお実車のボンネットはこんな具合に開いたのではありませんが) 以下はフロント/リアの拡大画像とテール部/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

DUESENBERG SJ FISHTAIL 1
DUESENBERG SJ FISHTAIL 2

 以下はボンネットを外したエンジン部分と俯瞰/下回りシャーシの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
DUESENBERG SJ FISHTAIL 3
DUESENBERG SJ FISHTAIL 4

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=327

   

DUESENBERG SJ TORPEDO SEDAN 'TWENTY GRAND' 1933 USA

DUESENBERG SJ TORPEDO SEDAN 'TWENTY GRAND' 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLINMINT PW73 1/24 237㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.7m
エンジン 変速機: 8気筒DOHC 6.9L 320HP 3段変速
性能: 最高速208km/h
データーベースでデューセンバーグのミニカー検索

 

デューセンバーグ SJ トルペード セダン 'トゥエンティ グランド' アメリカ 1933

 

 前述したようにデューセンバーグ Jは1929年から始まった世界大恐慌の時代に成功しており、当時のユーザーはまだ不況とは無関係だったようです。このようなユーザーに向けてさらに高級な車が1932年に発表されました。スーパーチャージャーを追加して320HP 250km/hに性能を向上させたモデル SJです。スーパーチャージャーの追加で排気管がボンネット右側面から取り出されるようになり迫力のある外観となっています。

 ただデューセンバーグが輝いていたのはほんの数年でした。1932年にデューセンバーグ創始者のフレッドが、自分が開発したSJの自動車事故で死亡しています。これと呼応するかのようにデューセンバーグを有するコード帝国もL29の販売不振から崩壊し始め、1937年にデューセンバーグ社は倒産しました。

 

 この車は1933年のシカゴ万国博覧会に出品された、デューセンバーグとして一番豪華であった特別な車でした。当時の価格が2万ドル(現在に換算するとたぶん4000万円ぐらい)であったことからこの車は「トゥエンティ グランド」という名前で呼ばれました。またトルペード セダンとは、革張り風のファブリックで覆った屋根でフェートン(4座オープンカー)のように見せかけていることを意味します。室内には4つの肘掛け付シートがあり、ウォールナットのパネルを使った豪華な内装となっていました。モデル Jは約480台が製造されその中でSJは約40台、そのほとんどはロードスターやデュアルカウルフェートンで、この車のようなセダンはたったの数台だけでした。

 

 

 ミニカーはフランクリン ミント製の1/24で、1991年頃に通信販売で購入しました。フランクリン ミントは現在のオートアートなどの大スケールミニカーの先駆けで、シャーシ/エンジン/サスペンションなどのメカ部分が金属製パーツ主体で再現されドアやボンネットが全て可動する、当時としては最も精密なミニカーでした。当時の価格は25000円とかなり高価でしたが、その価格に見合った素晴らしい出来ばえです。細部のディテール再現が優れているだけではなく、実車が持つ周囲を圧倒する重厚な感じも見事に再現しています。これ以外のトゥエンティ グランドのミニカーでは、GREAT LIGHTNING(レジン製)があります。 以下はフロント/リアの拡大画像とドアの開閉と室内の画像です。室内の木目パネルはデカールを張ったプラスチックではなく本物の木目パネルが使われていて、フランクリン ミントならではのリアリティの追求がされています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

DUESENBERG SJ TWENTY GRAND 1
DUESENBERG SJ TWENTY GRAND 2

 以下はボンネットを開いたエンジン部と荷物ラック/トランクの開閉ギミックの画像です。エンジンルーム左側手前右下にハンドルに直結されたステアリングシャフトが見えますが、前述したコンバーチブル ビクトリアと同じくこのトゥエンティ グランドもハンドル操作で前輪の操舵ができます。このような可動部の作りが頑丈で、簡単には壊れないのもフランクリン ミントの良いところ(設計思想)です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
DUESENBERG SJ TWENTY GRAND 3
DUESENBERG SJ TWENTY GRAND 4

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=328

   

 

CHRYSLER IMPERIAL LE BARON DUAL COWL PHAETON 1933 USA

CHRYSLER IMPERIAL LE BARON DUAL COWL PHAETON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VOITURES CLASSIQUES (IXO ALTAYA) 34 1/43 128mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.5m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 8気筒 6.3L 135HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでクライスラー インペリアルのミニカー検索

 

クライスラー インペリアル ルバロン デュアル カウル フェートン アメリカ 1933

 

 GMのビュイック部門の責任者であったウオルター P クライスラーは上層部とそりが合わず、1920年にGMを退社しました。彼は経営危機にあった小型車メーカーのマックスウェル社の再建に着手し、彼の発案で6気筒3.3Lエンジンを搭載したクライスラー シックスを開発し1924年に発売しました。この車が大ヒットしたことで経営は安定し、マックスウェル社は1925年にクライスラー社に改名しました。クライスラー社は従来のマックスウェルをプリムス ブランドに変更し、1928年にダッジを買収して傘下に収めるなどしてフォード、GMに次ぐ自動車メーカーに成長していきました。(実車画像→ クライスラー シックス 1924)

 

 クライスラー インペリアルはフォード リンカーンGM キャディラックに対抗するクライスラーの最上級ブランドとして1926年に登場しました。当初は6気筒4.7L(92HP)、1930年に6気筒5.1L(110HP)エンジンを搭載した豪華な高級大型車でした。インペリアル 2代目は8気筒6.3L(135HP)エンジンを搭載して1931年に登場しました。ルバロンとは元々はコーチビルダーの名前でしたが後にクライスラーの高級車ブランド名となりました。フェートンとは4ドア(又は2ドア)の幌付オープンカーの意で、デュアル カウル フェートンとは後席の前にもウインドー付のカウルを設けたもので、オープンカーとしては最も高級な形式です。

 

 

 1934年に登場したインペリアル 3代目は有名な流線形ボディのエアー フローと同じデザインでした。インペリアルは1955年にはクライスラーから独立した別ブランドとなりました。1970年代になると販売台数の少ないインペリアル ブランドを維持することが出来なくなり、1975年にブランドは消滅しました。その後今度はインペリアルをリンカーン コンチネンタルのようなスペシャルティーカーとして復活させるべく、1981年にブランドが復活しました。(実車画像→ インペリアル 1981) 結局この試みも失敗し1983年にブランドは消えました。ただ1990年にクライスラー インペリアルとして1993年まで名前が一時的に復活しました。(実車画像→ クライスラー インペリアル 1990) ちなみに1960年代の日本のTV番組 ウルトラセブンのポインター号やアメリカのTV番組 グリーンホーネットのブラックビューティはインペリアルをベースにした改造車でした。

 ミニカーはフランスのミニカー付雑誌「VOITURES CLASSIQUES」のNo.34で製造はイクソです。この雑誌のミニカーはフロントグリル、灯火類、マスコットなどクラシックカーのキーとなる部分がきちんと作ってありいずれもよく出来ていました。インペリアル 2代目をモデル化していますが、灯火類、フロントグリルとその上のマスコット(疾走するガゼル(鹿)の像)などがリアルな造形でよく出来ています。(ただ個人的にはカラーリングが今ひとつな感じです) 色違いでほぼ同じものがイクソの廉価版ブランドのWHITE BOXでも2015年に発売されています。最近までインペリアルのミニカーは少なかったのですが、最近になってNEO(レジン製)などの新製品が発売されました。 以下はフロント(マスコットの拡大)/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

CHRYSLER IMPERIAL LE BARON DUAL COWL PHAETON 1
CHRYSLER IMPERIAL LE BARON DUAL COWL PHAETON 2

 以下は2006年頃に発売されたシグネチャー製のクライスラー インペリアル ルバロン 1932 (1/32 型番32116)の画像です。シグネチャーの1/32は1920-1950年代の代表的なアメリカ車をモデル化していました。縮尺が中途半端なのですが、1/43より大き目のサイズを生かして結構細かいところまで再現されていました。このインペリアルも実車の雰囲気がうまく再現されていて結構良く出来ています。またサイズが大きいことを生かしてボンネット/ドアの開閉ギミック付で全輪も操舵できます。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CHRYSLER IMPERIAL LE BARON PHAETON 1
CHRYSLER IMPERIAL LE BARON PHAETON 2

 以下はフロントの拡大画像とリア/ボンネットを開いたエンジンルームの画像です。こちらもフロントグリル上のマスコットがリアルで、エンジンもそこそこリアルに出来ています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CHRYSLER IMPERIAL LE BARON PHAETON 3
CHRYSLER IMPERIAL LE BARON PHAETON 4

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1649

   

PIERCE ARROW SILVER ARROW 1933 USA

PIERCE ARROW SILVER ARROW 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLINMINT PW44 1/43 133mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.7m
エンジン 変速機: V型12気筒 7.6L 175HP 3段変速
性能: 最高速185km/h
データーベースでピアス アロー シルバー アローのミニカー検索

 

ピアス アロー シルバー アロー アメリカ 1933

 

 前述したようにピアス アロー社は1928年にスチュードベーカー社の傘下となりましたが、スチュードベーカー社の経営不振で1933年に売却されて独立しました。独立したピアス アロー社が1933年のニューヨーク オートショーで発表したシルバー アローは同社の歴史上最も有名な車でした。この車は時代を超越した極めて進歩的なデザインで大評判となりました。フロントフェンダーがボディと一体化したデザインの先進性についてはこのページの同時代の車と見比べてもらえばそれがよくわかると思います。

 

 デザインだけではなくV型12気筒7.6L(175HP)エンジンを搭載し3段変速で最高速185km/hと性能も優れていました。しかしこの車は価格が1万ドル(当時の大衆車の約20倍)とべらぼうに高かったので、たった5台しか売れませんでした。(世界恐慌の不況のせいでもありましたが) 1935年には8気筒エンジン搭載の1601とV型12気筒エンジン搭載の1602/1603を安全ガラスなどの新機構を採用した「世界で一番安全な車」として発売しましたが、当時安全性の高さは売り物にならずこれも売れませんでした。そんなわけで業績は挽回せずピアス アロー社は1938年に倒産しました。(実車画像→ ピアス アロー 1602 1936 )

 

 

 ミニカーは1990年頃に発売されたフランクリン ミント製です。同社の1/43サイズの1920-1930年代のクラシックカーは約十数種類ありキャディラックやパッカードなどの高級車がモデル化されていました。いずれもドアが開閉しボンネットを外すとエンジンが再現され、シャーシなどの下回りもそこそこ再現されていました。このシルバー アローもそのシリーズの1台で、先進的なデザインがうまく再現され、ややレトロな作風ながらよく出来ています。4ドアが開閉し室内もよく再現され、ボンネットを外すとエンジンもリアルに再現されています。フロントグリル上の車名にちなんだ弓を引く人物像のマスコットもうまくできています。これ以外のシルバー アローのミニカーはダンバリー ミントの1/24、ヤトミンのシグネチャーシリーズの1/18、イクソのMUSシリーズなどがあります。 以下はフロント(マスコットの拡大)/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PIERCE ARROW SILVER ARROW 1
PIERCE ARROW SILVER ARROW 2

 以下はドア開閉/室内の画像と俯瞰/床下の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PIERCE ARROW SILVER ARROW 3
PIERCE ARROW SILVER ARROW 4

 以下は2006年頃に発売されたフランスのミニカー付き雑誌「VOITURES CLASSIQUES」シリーズのNo.31 ピアス アロー シルバー アロー 1933 (1/43)の画像です。メーカーはイクソでほぼ同じものが2012年にイクソの型番MUS045で発売されました。これも実車のデザインがうまく再現されていて良い出来ばえです。赤いワイヤスポークホイールと赤いピンストライプでコーディネイトしたカラーリングがきれいです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PIERCE ARROW SILVER ARROW 5
PIERCE ARROW SILVER ARROW 6

 以下は上記の2台を並べてみた画像です。全体的には同じような造形ですが、フランクリン ミントのほうが車幅がややスリムで車高が高くなっています。スケールモデル的な観点ではイクソのほうが優れているのでしょうが、フランクリン ミントの意図的なデフォルメもミニカーとしては悪くないやり方です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PIERCE ARROW SILVER ARROW 7

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=342

   

 

  ページ  « 前へ 15  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  ...43 次へ » 

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2023 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.