ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

TALBOT LAGO T26C F1 1948 FRANCE

TALBOT LAGO T26C F1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R074 1/43 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.1m 全幅約1.3m
エンジン 変速機: 6気筒 4.5L 260HP 4段変速
性能: 最高速270km/h
データーベースでタルボ ラーゴのミニカー検索

 

タルボ ラーゴ T26C F1 フランス 1948

 

 戦前の1920年代にSTDグループ(サンビーム、タルボ、ダラック)は、速度記録やGPレースに挑戦していました。速度記録車ではサンビーム 1000HP (1927年 327.97 km/h)、レースカーでは1926年のタルボ ダラック 1500などが代表的なマシンでした。1935年にSTDグループのフランス工場をアンソニー ラーゴが買い取ってタルボ ラーゴとなってからも、タルボ ラーゴ T150などがレースで活躍していました。(実車画像→ サンビーム 1000HP)
(実車画像→ タルボ ダラック 1500)

 

 戦後にタルボ ラーゴは戦前に開発していたT26でレースに復活しました。1948年にT26を改良したT26Cが登場しました。当時はスーパーチャージャーで過給したアルファ ロメオ 158やマセラティ 4CLTが強かったのですが、タルボ ラーゴは1949年のベルギーGPとフランスGPで優勝するなど活躍しました。1950年に始まったF1選手権でも1951年まで参戦し、マイナーなレースでは優勝していました。またT26Cの2座仕様のT26 GSが1950年ルマンで総合優勝(ドライバー ロジェ親子)しています。

 

 

 ミニカーはブルム製で、1982年頃に発売されました。1948年式でとくにどのレースのモデルというわけではないようです。(ブルム初期のモデルにはこのような考証がアバウトなものがあります) 後に作られた型番R113のT26Cは1951年ドイツGPの出場車(ドライバー J.クレス)をモデル化しています。今見ると少し物足りない部分もありますが、1980年代当時のミニカーとしてはかなり良い出来ばえでした。これ以外のT26Cのミニカーは老舗ディンキー(英)の当時物がありました。また1950年ルマン優勝車のT26 GSをイクソやスパーク(レジン製)がモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像とコクピット周りの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TALBOT LAGO T26C F1 1
TALBOT LAGO T26C F1 2

 以下は1950年代に発売されたディンキー(英)製の当時物 タルボ ラーゴ T26C (1/40 型番230)の画像です。このミニカーは1985年頃にミニカーコレクター仲間から譲ってもらったもので、私が保有するミニカーのなかでもかなり古いものです。タイヤは交換されていて、塗装は綺麗なのでリペイントかもしれません。縮尺1/40ぐらいで、上記ブルム製より少し大きいです。70年ほど前に作られたミニカーですが、実車の雰囲気は良く再現されていて、排気管などの細部もそこそこうまく再現されています。ドライバーのフィギュアもいかにもそれらしい感じがします。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TALBOT LAGO T26C F1 3
TALBOT LAGO T26C F1 4

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1752

   

CITROEN 2CV A 1949 FRANCE

CITROEN 2CV A 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 150115 1/43 87mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.78m 全幅約1.48m
エンジン 変速機: 空冷水平対向2気筒 375cc 9HP 4段変速
性能: 最高速65km/h
データーベースでシトロエン 2CV 1964年以前のミニカー検索

 

シトロエン 2CV A フランス 1949

 

 シトロエン 2CVはその独特のスタイルで良く知られています。2CVの外観/仕様などを理解するには、開発の背景を知る必要がありますので、簡単に説明します。この車は農村で荷物等を運搬する手押し車や馬車を代替する交通手段として1930年代に開発が始まりました。(当時のフランスは農業国でしたので、農作業の近代化が必要だったのです) したがって荷物がたくさん積めて、農道のような悪路でも快適に走れ、購入価格と維持費が安く、操作が簡単といった無理難題が課せられました。要するに人と物を運ぶ最低限度の車を目指したわけで、このためには見た目は問わないということでした。

 

 第2次大戦を挟んで開発が進められ、2CVはシトロエンの新型小型車として1948年のパリ サロンでお披露目されました。その場にはフランス大統領も臨席していたそうですが、登場した2CVの奇妙な外観にその場に居合わせた人々は唖然としたそうです。そんなわけで2CVは「醜いアヒルの子」「乳母車」などと嘲笑されて、最初は全く理解されなかったそうです。初期型は空冷水平対向2気筒375cc(9HP)エンジンを搭載する前輪駆動車で、4段変速で最高速65km/hの性能でした。(続く→ シトロエン 2CV 1966)

 

 

 ミニカーは1994年頃に発売されたノレブ製です。シトロエン 2CVの初期モデル(タイプ A)をモデル化しています。波状鋼板を使ったボンネット、前開きの前ドア、キャンバスで覆われたトランク部など初期モデルの仕様が再現されていて、ボディカラーもそれらしい雰囲気です。ノレブは1990年代からマニア向けのレベルの高いミニカーを作るようになりましたが、この2CVも当時のミニカーとしては良い出来ばえでした。ノレブはバリエーションで1950年式や1957年式もモデル化しています。(ノレブ初期のプラスチック製もありました) これ以外の2CV 初期モデルのミニカーとしては、ディンキー(仏)の1959年式と1961年式、JRDの当時物の1952年式(レア物です)、マッチボックス ディンキーの1957年式、ビテスの1954年式、ブレキナの1963年式 1/87、フランクリン ミントの1951年式 1/24などたくさんあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

CITROEN 2CV 1
CITROEN 2CV 2

 以下は2000年頃に発売された同じノレブ製のシトロエン 2CV 1950 (1/43 型番150215)の画像です。これも上記と同じ初期モデルの1950年式をモデル化しています。基本的には上記の1949年式と同じ物なのですが、製作時期が異なるのでフロントグリルやナンバープレートなどの細部の仕上げに違いがあります。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN 2CV 3
CITROEN 2CV 4

 以下は2000年頃に発売された同じノレブ製のシトロエン 2CV 1957 (1/43 型番150516)の画像です。これは1957年式をモデル化していますので、リアクオーターパネルに追加されたウィンカー、1953年に変更されたフロントグリルのシトロエンのエンブレム、テールライトなどの仕様変更が再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN 2CV 5
CITROEN 2CV 6

 以下は1992年頃に発売されたビテス製のシトロエン 2CV 1954 (1/43 型番521.1)の画像です。これは1954年式をモデル化していますので、フロントグリルのシトロエンのエンブレムが1953年以降に変更されたタイプになっています。室内のシートがカラフルに彩色されていて、リアウィンドーの下にはスぺタイヤの一部が見えます。当時のミニカーとしては良い出来ばえでした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN 2CV 7
CITROEN 2CV 8

 以下は1993年頃に発売されたビテスのシトロエン 2CV AZLP 1960 (1/43 型番L023)の画像です。AZLPとは上級版のグレード名で、リアのトランク部分に鋼鉄製カバーパネルが付いていました。これも上記と同じオープンルーフ仕様なので、そこそこ再現された室内がよく見え、リアシート背後にスペアタイヤがあるのもわかります。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN 2CV 11
CITROEN 2CV 12

 以下は1992年頃に発売されたマッチボックス ディンキー製のシトロエン 2CV 1957 (1/43 型番DY032)の画像です。上記のノレブ製と同じ1957年式をモデル化しています。リアクオーターパネルにウインカーが追加され、上記のビテス製のAZLPと同様にリアのトランク部分に鋼鉄製カバーパネルが付いていますので、これも上級グレードをモデル化しています。マッチボックス ディンキーは1990年代にマッチボックスがディンキーのブランドを復活させたマニア向けのミニカーで、当時としては良い出来ばえでした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN 2CV 9
CITROEN 2CV 10

 以下は1962年に発売されたディンキー(仏)製の当時物でシトロエン 2CV 1961 (1/43 型番558)の画像です。2CVは1961年のマイナーチェンジで外観が大幅に変更されました。波状鉄板のボンネットのリブが少なくなり、フロントグリルの形状が変更されました。ディンキー(仏)は当時のミニカーとしてはスケールモデル的な造形が特徴で、この2CVも1960年代のミニカーとしては出色の出来ばえでした。ディンキー(仏)はこれより以前にも型番24T(後の型番535)で1950年式をモデル化していました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN 2CV 13
CITROEN 2CV 14

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=591

   

PEUGEOT 203 DECOUVRABLE 1949 FRANCE

PEUGEOT 203 DECOUVRABLE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4547 1/43 101mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.35m 全幅約1.62m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 42HP 4段変速
性能: 最高速116km/h
データーベースでプジョー 203のミニカー検索

 

プジョー 203 デクヴェラブル フランス 1949

 

 第2次大戦後のプジョーは戦前型のプジョー 202だけをしばらく生産していました。1949年に202の後継車として戦後型の203が登場しました。203はモノコックボディを採用し、新開発した4気筒1.3L(42HP)エンジンを搭載する後輪駆動の中型車で、4段変速で最高速116km/hの性能でした。デザイン的にはフロントグリルが戦前のシボレーなどのアメリカ車によく似たスタイルで、あまりフランス車らしくありません。4ドアセダン/カブリオレ、ロングホイールベースの5ドアワゴン(ファミリアーレ)/商用バンと少量生産された2ドアクーペ/カブリオレがありました。

 

 1950年代のフランスには1Lクラス以下の小型車はたくさんありましたが、1.3L-1.5Lクラスの中型車がなかったので、丈夫で経済的であった203は大ヒットしました。昔のフランス車というと、シトロエンに代表されるような個性的な車を想像しますが、実際はプジョーのようなオーソドックスな車がよく売れたということです。1955年に後継車の403が登場した後も203は403の廉価版として1960年まで生産され、総生産台数は約50万台でした。

 

 

 ミニカーは1997年頃に発売されたソリド製です。キャビン側面のピラー部分を残したままで、屋根だけが幌になっているデクヴェラブルという形式の4ドアカブリオレをモデル化しています。ソリドの型番45**の4500シリーズは安価(定価2500円程)故にあまり細かいパーツなどは付いていませんが、プロポーションなどの基本的なところはきちんと押さえてあるシリーズでした。この203も実車の雰囲気がうまく再現された良い出来ばえです。バリエーションでセダン(型番4546)、クーペ(型番4597など)、ファミリアーレ(型番4550)、商用バン(型番4551など)もありました。これ以外の203のミニカーはディンキーの当時物、ソリドの別ブランドのべレムの商用車、エリゴール、ノレブの初期物と最近の物、イクソ、ブレキナの1/87などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PEUGEOT 203 DECOUVRABLE 1
PEUGEOT 203 DECOUVRABLE 2

 以下は1997年頃に発売された上記ソリド製のバリエーションのプジョー 203 クーペ (1/43 型番45105)の画像です。少量生産された2座席の2ドアクーペをモデル化しています。クーペは性能的にはセダンと同じでしたが、見た目はお洒落でした。このミニカーでも洒落たデザインがよく分かります。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT 203 COUPE 1
PEUGEOT 203 COUPE 2

 以下は1988年頃に発売されたエリゴール製のプジョー 203 アルペン ラリー 1954 (1/43 型番1190)の画像です。1954年のアルペン ラリー(RALLY COUPE DES ALPES)にて1.1L-1.3Lクラスで2位となった203をモデル化しているようです。エリゴールはこれも含めてノーマルのセダンなど数種類の203をモデル化しています。初期のエリゴールはノレブ初期のプラスチック製ミニカーの型を流用しているものが多いのですが、これもノレブの型番8をベースにしているようです。オリジナルのノレブ製の出来が良いので、これも当時のミニカーとしては良く出来ていました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT 203 RALLY 1
PEUGEOT 203 RALLY 2

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=613

   

 

RENAULT COLORALE SAVANE 1950 FRANCE

RENAULT COLORALE SAVANE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 067C 1/43 103mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.27m 全幅約1.98m
エンジン 変速機: 4気筒 2.4L 46HP 4段変速
性能: 最高速98km/h
データーベースでルノー コロラールのミニカー検索

 

ルノー コロラール サバン フランス 1950

 

 ルノー コロラールは1950年に登場した、中型の乗用/商用車です。コロラールという名前はフランス語の'COLONIALE(植民地)'と'RURALE(田舎)'を組み合わせた造語で、フランスの植民地や田舎で使用する多目的車という意味合いがあるようです。戦後のルノーは復興に必要とされた4CVなどの小型車が主力でしたが、コロラールは中型車市場への参入を目指した車であり、ほぼ同時期に高級中型車のフレガトも登場していました。

 

 コロラールにはプレイリーとサバンの2タイプがありました。プレイリー(PRAIRIE)は4ドア ブレーク(ワゴン)で、3列シートの6-7人乗りでした。(後席を畳んで荷物が積めます) プレイリーにはタクシー専用モデルがあり、室内は運転席と客席の間に仕切りがあり中央に補助席があるリムジーン仕様となっていました。サバン(SAVANE サバンナ(大草原)の意)は2ドアブレークで、主に商用バンとして使われました。後席の窓はキャンバスが張られていて、キャンバスを巻き上げて窓を開けるといった仕様から分かるように熱帯地方(植民地)で使われることを想定していたようです。コロラールは1952年に新型2Lエンジン(58HP)に変わり、4WD仕様まで設定されました。ただ同じような価格の車に比べると性能が低く見た目も良くなかったので、人気が無く商業的には失敗しました。1957年まで生産され、総生産台数は約4万台でした。

 

 

 ミニカーはビテス製で、1997年頃に発売されました。当時のビテスとしては標準的な良い出来ばえで、これはサバンをモデル化しているので前方に開いたウインドスクリーンや巻き上げられたキャンバスなどが再現されていています。ビテスはプレイリーやタクシー仕様など数種類のバリエーションを作っています。コロラールの当時物ミニカーとしてはCIJの古いレア物がありましたが、それの復刻版をノレブが2006年頃に出しています。それ以外のコロラールのミニカーはイクソ系のミニカー付雑誌「世界のタクシー」のタクシー仕様やCOFRADIS ブランドの物がありますが、どちらもビテスの型を使っているようです。最近の物ではソリドとノレブもあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

RENAULT COLORALE SAVANE 1
RENAULT COLORALE SAVANE 2

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1797

   

PANHARD DYNA X 1950 FRANCE

PANHARD DYNA X 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOSTALGIE NO045 1/43 92㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.82m 全幅約1.44m
エンジン 変速機: 空冷水平対向2気筒 600cc 22HP 4段変速
性能: 最高速100km/h
データーベースでパナール ディナのミニカー検索

 

パナール ディナ X フランス 1950

 

 第2次大戦前は高級車メーカーであったパナールも、戦後は特権階級がいなくなった社会構造の変化に対応する必要があり、小型大衆車を量産することになりました。戦後のパナールのベースとなったディナ Xが1946年に登場しました。ディナ Xはアルミ軽合金のフレームとアルミ製ボディによるセミモノコック構造で、アルミ軽合金製の空冷水平対向2気筒600cc(22HP)エンジンを車軸の前にオーバーハングさせて搭載した前輪駆動方式という極めて革新的な車でした。中身は革新的だったのですが、外観は見てのとおり古くさくユーモラスな感じもします。

 

 外形寸法はルノー 4CVとほとんど同じで最高速100km/hの性能も同じでした。ただしアルミ製ボディなどでコストが数割高いディナはルノー 4CVの1/10ぐらいしか売れませんでした。1954年に外観を大幅に変更したディナ Zにモデルチェンジしました。総生産台数は約4.7万台でした。ディナ Xをベースにした小型2ドアスポーツカー(ロードスター/カブリオレ) ディナ ジュニア(JUNIOR 仏語式に読むとジュニオル)が1952年に登場し、1956年までに約4500台が生産されました。なお優れたサスペンションなどシャーシ性能が高かったディナは、改造されてレースで活躍しました。レースカーではルマンに出場したDB パナールが有名でした。
(実車画像→ パナール ディナ ジュニア 1952)
(実車画像→ DB パナール 1955)

 

 

 ミニカーはイクソの別ブランドであるノスタルジー製で2010年頃に入手した物です。1949年式フォードを思わせる丸いグリルがフロントに追加された1950年式をモデル化しています。ユーモラスな感じがする面構えがよく再現されていて、灯火類や室内などの細部も結構リアルで良く出来ています。これ以外のディナ XのミニカーはCIJの当時物、エリゴールの商用車、イクソ、ノレブのカブリオレなどがあります。ディナ ジュニアのミニカーはCIJの当時物、ビザール(レジン製)などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PANHARD DYNA X 1
PANHARD DYNA X 2

 以下は1960年に発売されたソリドの当時物 DB パナール HBR5 ルマン 1959 (1/43 型番112)の画像です。1959年ルマンで9位となった車をモデル化しています。1960年代のビンテージミニカーですので素朴な作りですが、DB パナールの数少ないミニカーの一つです。(画像はWEBショップの商品画像を借用しました)
PANHARD DYNA X 2
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=609

   

 

サラブレッド期 ←  ページ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...29 次へ » 

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2022 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.