ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

DAIMLER FIRST TAXI 1896 GERMANY

DAIMLER FIRST TAXI 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CURSOR 05(371) 1/43 82㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.5m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 2気筒 2.2L 6HP ベルト式 4段変速
性能: 最高速18km/h
データーベースで戦前のダイムラーのミニカー検索

 

ダイムラー 初のタクシー ドイツ 1896

 

 ドイツのシュツットガルトの運送業者フリードリッヒ グライナーがダイムラー社にタクシー用途の車をオーダーし、ガソリンエンジン搭載車として世界初のタクシーが1896年に登場しました。ベースとなったのはダイムラーと彼の友人のマイバッハが設計し1895年に登場したダイムラー リーメンワーゲン(RIEMENWAGEN)でした。ボディはタクシー用として幌付の客室を持つランドレー形式で、1891年にドイツ人によって発明された正確なタクシーメーターを装備していました。リーメンワーゲンは2気筒2.2L(6HP)エンジンを車体後部に搭載し4段ベルト変速機を採用していたことが特徴でした。独語のリーメン(RIEMEN)とは変速ベルトの意味ですので、リーメンワーゲンはベルト変速車ということになります。

 

 フリードリッヒ グライナーはタクシー会社を興し営業を始めましたが、ガソリンエンジン車タクシーの走行距離は1日で70㎞と馬車よりもはるかに多く、利用者にも新鮮味があって好評でした。なお1890年代後半には電気自動車や蒸気車のタクシーもありましたが、ガソリンエンジン車がそれらを駆逐し、ヨーロッパの主要都市にガソリンエンジン車タクシーが拡大していきました。1926年にダイムラーとベンツが合併しダイムラー ベンツ社が設立された後には、1927年にメルセデス ベンツとして初のタクシー(タイプ 8/38HP)が登場しました。また1936年には初めてディーゼルエンジンを搭載したタクシー 260Dが登場しました。

 

 

 ミニカーは1978年頃に発売されたドイツのカーソル(CURSOR)製です。元々はダイムラー ベンツ社の100周年記念プロモーション モデルとしてディーラー向けに12種類セットで製作されたものでしたが、後に一般向けにも単品で販売されました。材質がプラスチックなので、灯火や操作レバーなどの細部が繊細に再現されていて、1970年代のミニカーとしては抜群に良く出来ていました。(軽くて壊れやすいので取り扱い注意ですが) このタクシーはメルセデス ベンツ博物館が所蔵する実車を忠実に再現しているようですが、タクシーメーターらしきものは見当たりません。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

DAIMLER FIRST TAXI 1
DAIMLER FIRST TAXI 2

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=15

   

DAIMLER LKW FIRST TRUCK 1896 GERMANY

DAIMLER LKW FIRST TRUCK 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CURSOR 4 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 2気筒 2.2L 4HP ベルト式4段変速
性能: 最高速16km/h(空荷状態)
データーベースで戦前のダイムラーのミニカー検索

 

ダイムラー LKW 最初のトラック ドイツ 1896

 

 前述したようにダイムラーと彼の友人のマイバッハが設計し1895年に完成させたしたダイムラー リーメンワーゲン(RIEMENWAGEN ベルト変速車)は、ガソリン車初のタクシーのベースとなりました。さらにリーメンワーゲンをベースにして、ガソリン車初のトラックも開発され、1896年にイギリスの会社に納入されました。これは荷物運搬用馬車の後部に2気筒(4HP)エンジンを搭載し、後輪をチェーン駆動していました。最大積載量は1.5tで、空荷状態で最高速16km/hの性能でした。

 

 このトラックはすぐに改良されて、エンジンを運転席下に搭載する構造となりました。(参照画像→ダイムラー トラック 1896) ダイムラーは1896年には積載量1.5t~5tのトラック シリーズを販売していて、1897年には乗用車とは明確に区別した構造(エンジンを車体前部に搭載し、ギヤボックス採用)のトラックを発売しました。(参照画像→ダイムラー トラック 1896) 同時期にライバルだったベンツは荷物配達用商用バンを発売していたようです。ダイムラーとベンツは後に合併してダイムラー ベンツ社となりましたので、ダイムラーの最初のトラックがメルセデス ベンツのトラックの1号車として公表されています。

 

 

 ミニカーは1978年頃に発売されたドイツのカーソル(CURSOR)製です。元々はダイムラー ベンツ社の100周年記念プロモーション モデルとしてディーラー向けに12種類セットで製作されたものでしたが、後に一般向けにも単品で販売されました。材質がプラスチックなので、車体下回りのスプリングサスペンションなどの細部まで再現されていて、1970年代のミニカーとしては抜群に良く出来ていました。(軽くて壊れやすいので取り扱い注意ですが) このトラックも実車を忠実に再現してあり、当時ののミニカーとしては良く出来ていました。荷物運搬用馬車に前輪操舵ハンドルと運転席が追加され、荷台の後ろのカバーで覆われた部分にエンジンが搭載されています。名前のLKW(Lastkraftwagen)とは貨物トラックの意味で、荷台横に表示された「Daimler-Motoren-Gesellschaft Cannstatt」とは「ダイムラー モーターズ社 カンシュタット工場」の意味です。 以下はフロント/リアの拡大画像と俯瞰/床下部分の画像です。床下に見える2本のボンベのようなものは燃料タンクかな? (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

DAIMLER LKW FIRST TRUCK 1
DAIMLER LKW FIRST TRUCK 2

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=17

   

OPEL LUTZMAN 1899 GERMANY

OPEL LUTZMAN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE VCC99053 1/43 62mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約2.5m 全幅 約1.4m 車重 約520kg
エンジン 変速機: 単気筒 1.5L 3.5HP 2段変速 後輪チェーン駆動
性能: 最高速20km/h
データーベースで戦前のオペルのミニカー検索

 

オペル ルッツマン ドイツ 1899

 

 技術者アダム オペルが1862年に創業したミシン製造会社がオペル社の起源でした。同社のミシンは高性能でヨーロッパ中に売れたようです。同社は1886年に自転車の製造を始め、アダム オペルの息子たちが自転車レースで勝利することで知名度を上げ自転車も高性能で良く売れたそうです。同社は次に自動車製造に進出することを決め、当時ベンツ ビクトリアを模した自動車を製造していたルッツマン社に目を付けました。オペル社はルッツマン社の特許と生産設備を買収し、オペル 1号車のオペル ルッツマンを1899年に完成させました。

 

 オペル ルッツマンは単気筒1.5L(3.5HP)エンジンをリアに搭載した小型車で、2段変速機を介して後輪をチェーン駆動し最高速20km/hの性能でした。この車は複数のエンジン(3.5HP/4HP/5HP)と2座/5座ボディのバリエーションで販売されました。ただ同時期のベンツなどと比べると性能が良くなかったので、1902年までに65台が生産されただけでした。オペルはこの車に見切りをつけ、その後フランスのルノーやダラックと提携しました。

 

 

 ミニカーは1999年に発売されたビテス製です。オペルのロゴ入りの箱に収まっていることから、おそらくはオペルの100周年記念プロモーション用モデルとしても使われたものと思われます。プロモーション用モデルということで1/43サイズながら細部まで実にリアルに再現されています。特に床下部分の後輪駆動部は実車の構造が良くわかるように出来ています。簡単に説明すると、エンジン出力は高速/低速用で切り変わる2本のベルトを介して後輪駆動軸に伝達され、後輪駆動軸がチェーンで後輪を駆動します。円形のステアリングホイールを回すと前輪操舵用チェーンで前輪が操舵されます。オペル ルッツマンの量産ミニカーはこれしかないようで、ビテスはこれの色違いにフィギュアを付けた物を「ミレニアム コレクション」シリーズとしてして2000年に発売しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と運転席周りの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

OPEL LUTZMAN 1
OPEL LUTZMAN 2

 以下は後輪駆動用ベルト/チェーンなど下回りの拡大画像と、上述した「ミレニアム コレクション」シリーズのフィギュアが付いた色違いと並べてみた画像です。当時の紳士/淑女の服装のフィギュアもなかなか良く出来ていて、フィギュアを配置するとよりリアルな感じがして楽しいです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
OPEL LUTZMAN 3
OPEL LUTZMAN 4

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=25

   

 

DAIMLER Paul Daimler Wagen 1901 GERMANY

DAIMLER Paul Daimler Wagen 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SAFIR 20 1/43 63mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m
エンジン 変速機: 2気筒 1.4L 8HP/850rpm 4段変速
性能: 最高速45km/h
データーベースで戦前のダイムラーのミニカー検索

 

ダイムラー PD ワーゲン ドイツ 1901

 

 1886年にダイムラー 1号車を完成させたゴットリーブ ダイムラーは1900年に他界しました。ダイムラー自動車会社(DMG:Daimler-Motoren-Gesellschaft)ではダイムラーの友人であったチーフデザイナーのウィルヘルム マイバッハと、1897年から働いていた長男のパウロ ダイムラーが設計を行っていました。マイバッハとパウロは設計上の意見が対立し、パウロは独立して別の設計事務所を設立し1899年から独自設計車の開発を始めました。

 

 パウロが開発した車は当時のフランスでヴォワチュレット(VOITURETTE)と呼ばれていた小型車でした。この車はパウロ ダイムラーが設計したことから「PD ワーゲン(Paul Daimler Wagen)」と呼ばれています。2気筒1.4L(8HP)エンジンとギアボックスをフロントに搭載し後輪をチェーン駆動していました。6角形のラジエータグリルが付くなど馬車的な形態から脱却した進歩的なデザインとなっていて、同時期のダイムラー社のメルセデス 35HPとは雰囲気が違っていました。この車はメルセデス 35HPとの競合に敗れ、大量生産されることはありませんでした。

 

 

 ミニカーは1960年-1970年代に発売されたフランスのクラシックカー専門メーカーのサフィール(SAFIR)製です。サフィールのクラシックカーは当時のミニカーとしてはスケールモデル的なリアルな作風で、細かいところまで良く再現されかなり良い出来ばえでした。このPD ワーゲンも特徴的な形状のフロントグリル、灯火類、ホワイトタイヤなどかなり実車に忠実にモデル化されています。サフィールは幌を立てたバリエーションも作っていました。これ以外のPD ワーゲンの量産ミニカーはないようです。 以下はフロント/右側面の画像と運転席周りの画像です。 (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

DAIMLER 1
DAIMLER 2

 以下は同じサフィールのバリエーションで幌を立てたダイムラー PD ワーゲン 1901 (1/43 型番15)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
DAIMLER 3
DAIMLER 4

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=19

   

MERCEDES 35HP 1901 GERMANY

MERCEDES 35HP 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CURSOR 969 1/43 73mm

 

メルセデス 35HP ドイツ 1901

 

 メルセデスの名前がつけられた最初の車は当時のレーシングカーで、この車が1901年のレースで大成功したことでメルセデスという名前が有名になったとのことです。マイバッハ設計の簡潔で軽量かつ重心の低いシャーシに高性能エンジン(4気筒 5.92L 35HP)を積んでいて、当時としては極めて進歩的な車でした。この後のメルセデス車の基本設計はこの車がベースになっています。

 

 ミニカーはドイツのカーソル(CURSOR)製で材質はプラスチック、1978年に発売されました。ダイムラー社の特注品でベンツ100周年記念品として作られたようです。このベテラン期に記載されているカーソルのミニカーは全てベンツの100周年記念品として販売されたものです。ベンツ博物館に展示されている実車をモデル化しています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3m 車重 1200㎏
エンジン 変速機: 4気筒 5.92L 35HP/1000rpm 4段変速 後輪チェーン駆動
性能: 最高速86km/h
 

 以下はカーソルの335HPのフロント/リアの拡大画像と運転席/底板の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES 35HP 1
MERCEDES 35HP 2

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=20

   

 

  ページ  « 前へ 1  2  3   次へ » → エドワード期

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2022 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.