ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MG MIDJET PB 1936 UK

MG MIDJET PB 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SPOT-ON 279 1/42 78mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.3m
エンジン 変速機: 4気筒 939cc 43HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでMG ミジェットのミニカー検索

 

MG ミジェット PB型 イギリス 1936

 

 MGとはMorris Garagesの略で、モーリス車のスポーティ仕様を製造するメーカーとして設立された「モーリス ガレージ」社がMGの始まりでした。1924年に製作された最初の量産車はモーリス オックスフォードのスポーティ仕様であったMG 14/28でした。MGの名前を有名にしたのは、1929年に発表されたミジェット(タイプ M)で、ルマンやスパに出場するなどレースで活躍しました。

 

 ミジェットはタイプ Mから始まり、C、D、J、PA、PBと続き、戦後のTC/TDにつながっていきました。1934年に登場したPA型ミジェットは4気筒847㏄(36HP)エンジンを搭載した2座ロードスターでした。1935年にエンジンを939㏄(43HP)に拡大したPB型ミジェットが登場しました。PB型は1936年まで生産され1292cc(50HP)エンジン搭載のTA型にモデルチェンジしました。PA型とPB型の総生産台数は約2500台でした。TA型は1939年に新型の1250cc(54HP)エンジンに変更されTB型となりました。ミジェットは日常の足に使えてその上レースでも活躍できるという、ライトウエイト スポーツカーというジャンルを開拓した車でした。MGのこのオープンカー スタイルはその後この類の車の定番となりました。

 

 

 ミニカーは1965年に発売されたイギルスのスポットオン製です。スポットオンはバスなどの商用車も含めて全モデルを1/42スケールで統一していたビンテージ ミニカーのブランドで、当時としてはレベルの高いミニカーを作っていました。実車が全長3.3mほどと小さいので、ミニカーも小振りです。スポットオンらしい凝った作りで、フロントの顔つきなど実車のイメージがよく再現されています。メータパネルはメーター下地とメーター文字がずれていることから、当時のミニカーとしては珍しい高度な印刷処理を行っていたようです。なお戦前のミジェットの量産ミニカーはこれしかないようです。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MG PB MIDJET 1
MG PB MIDJET 2

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=355

   

 

ビンテージ期 ←  ページ 1   → 戦後期

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2022 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.