ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

PORSCHE 356 COUPE 1952 GERMANY

PORSCHE 356 COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R119 1/43 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 空冷水平対向4気筒 1.5L 70HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでポルシェ 356のミニカー検索

 

ポルシェ 356 クーペ ドイツ 1952

 

 圧倒的なブランド力を持つポルシェの歴史は、フォルクスワーゲン ビートルをベースにして1948年に登場したポルシェ 356から始まりました。1949年の量産開始当初のボディはクーペのみで、室内は2座補助席を備える2+2座でした。4ギアボックス、輪独立懸架サスペンション、ブレーキはビートルと共通で、エンジンもビートル用を改造した4気筒1.1L(40HP)でした。エンジンは1951年には1.3L(44HP)と1.5L(60HP)の専用エンジンが追加されました。

 

 性能的には高性能版の1.5L(1952年式)の最高速が160km/hで、当時の小型スポーツカーとしてはそこそこのレベルでしたが、リアエンジン方式によるオーバーステアー傾向のある操縦性は乗り手を選ぶ車でもありました。1951年にオープン仕様のカブリオレが追加されました。(2座オープンのロードスターは1952年に追加) 1952年にフロント ウインドーが折れ曲がった2分割物から一枚物に変更され、バンパー端のフェンダーへの回り込みが小さくなりました。1953年にフロントウインカーの内側にホーングリルが付きました。1956年に大幅な改良が行われ356Aとなりました。1959年には356B、1963年には356Cとなり、1964年に後継車の911が登場し1965年に生産中止となりました。

 

 

 ポルシェ 356のミニカーは非常にたくさんあります。当時物ミニカーとしてはテクノ、メルクリン、ディンキー、ノレブなどがありましたが、いずれもレア物です。当時物以外ではオートアートの1/18、Bブラーゴ、ブルム、ヘルパの1/87、ミニチャンプス、シュコー、スパーク(レジン製)、トミカなどがあります。上記画像のミニカーは1985年に発売されたブルム製です。ポルシェ 356の初期型のクーペをモデル化しています。プロポーションとしては全体的にやや丸みが付きすぎている感がありますが、実車のレトロな雰囲気はうまく再現されています。カタログ上では1952年式のモデル化ということになっていますが、フロントウインドーやノーズ部分の造形は356A以降の形状になっていますので、年式による違いを厳密に再現しているわけではありません。(コストがかかるので、1980年代のブルムの初期物ではそこまでの対応はしていません) ブルムは356Aから356Cまでロードスター仕様、レース仕様、ポリス仕様などバリエーションが40種類ほどありました。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PORSCHE 356 COUPE 1
PORSCHE 356 COUPE 2

 以下は同じブルム製のバリエーションでポルシェ 356 カブリオレ 1952 (1/43 型番R117)の画像です。型番R118で幌が閉じたタイプもありましたが、これは幌が開いているので室内が良く見えます。インパネのメーターは初期型を再現しているように見えます。同じ型番で右ハンドル仕様(イタリア仕様)もありました。(昔のイタリアのスポーツカーは右回りのサーキットレースに有利な右ハンドル仕様が多かったのです) (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PORSCHE 356 COUPE 1
PORSCHE 356 COUPE 2

 以下は同じブルム製のバリエーションでポルシェ 356 スピードスター 1954 (1/43 型番R117B)の画像です。スピードスターはカブリオレの装備を簡略化し、軽量化して性能向上を図った2シーター仕様でした。これはアメリカの俳優ジェームズ ディーンの愛車でレースにも出場していた車(#23F)をモデル化しています。コンバーチブルより小型化されたフロントウィンドー、バンパー、ホイールなどが変更されています。(実車画像→ ポルシェ 356 スピードスタ ジェームズ ディーン) (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PORSCHE 356 SPEEDSTAR 1
PORSCHE 356 SPEEDSTER 2

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=535

   

PORSCHE 550A RS SPIDER James Dean 1955 GERMANY

PORSCHE 550A RS SPIDER James Dean 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R234 1/43 87mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 空冷水平対向4気筒 1.5L 135HP 4段変速
性能: 最高速220km/h
データーベースでポルシェ 550のミニカー検索

 

ポルシェ 550A RS スパイダー ジェームス ディーン  ドイツ 1955

 

 フォルクスワーゲンのディーラーがポルシェ 356を改造したミドシップ スパイダーを駆って国内レースで活躍したことに触発されて、ポルシェ社も自らレーシングカーの製作を始めました。1953年に1.5Lエンジンをミドシップ配置した2座スパイダーのプロトタイプが完成し、ルマンに出場してクラス優勝しました。翌年この車はエンジンを4カムシャフトに改造して、550 RS スパイダーとして一般市販されました。なお550とは軽量なアルミ製ボディの乾燥重量が550㎏だったことに由来しています。

 

 この高性能エンジンは前述した356 カレラにも使われました。1955年に550はサスペンションを改良し軽量化された550A RSに変わり、多くはアメリカに輸出されました。前述したポルシェ 356 スピードスターを愛用していた映画俳優のジェームス ディーンは365 スピードスターから550A RSに乗り換えたのですが、1955年にその車でレース場に向かっていた途中に交通事故で死亡しました。

 

 

 ポルシェ 550の当時物ミニカーは、ソリド、ポリトーイ、ジクなどがありました。当時物以外ではブルムが各種レース仕様のバリエーションを約20種類、シュコーが十数種類、ミニチャンプスが数種類、ジョリーモデルが数種類などたくさんモデル化されています。ジョリーモデルからはジェームス ディーンのつぶれた事故車が型番JL0263で2004年に発売されてます。(悪趣味なミニカーと思いますが→その画像です)

 画像のミニカーはブルム製で1996年に発売されました。ジェームス ディーンが愛用していた車をモデル化していて、ゼッケン「130」とリアパネルのナンバープレート「2Z77767」と「Little Bastard(リトルバスターズ)」のロゴは実車に即しています。そこそこリアルで実車の雰囲気が再現されたブルムらしい良い出来ばえです。なおリアフェンダー上の塗装(実車は赤いラインがある)などが実車と異なっているのですが、その塗装や内装を修正した改良版(型番はR234のまま)が2013年に発売されています。(ブルムにはこのような改良版が結構あります) 下はフロント/リアの拡大画像とコクピット周りの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PORSCHE 550RS 1
PORSCHE 550RS 2

 以下は1993年に発売されたブルム製のポルシェ 550RS ルマン (1/43 型番R193)の画像です。1956年のルマンで5位入賞した参戦車(#5)をモデル化しています。ハードトップを追加してクーペになっています。リアウインドーからミドシップ搭載したエンジンが少し見えます。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PORSCHE 550RS COUPE LE MANS 1
PORSCHE 550RS COUPE LE MANS 2

 以下は1996年に発売されたべレム製のポルシェ (550) スパイダー (1/43 型番V904)の画像です。これは元々は1950年代に発売されたソリド製の初期物(型番101)で、同時期に発売されたフェラーリ 2.5L(型番129)と2台セットにしてべレム ブランドで復刻版として発売された物でした。1950年代のミニカーですから素朴な作りですが、それでもプロポーションが良く当時のソリド製ミニカーがよく出来ていたことが分かります。当時のレーシングカーのミニカーにはこんな具合のドライバーフィギュアが付いているものが多かったです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PORSCHE SPIDER 1
PORSCHE SPIDER 2

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=538

   

PORSCHE 356A COUPE 1956 GERMANY

PORSCHE 356A COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DETAIL CARS 221 1/43 94㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.95m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: 空冷水平対向4気筒 1.5L 70HP 4段変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでポルシェ 356のミニカー検索

 

ポルシェ 356A クーペ ドイツ 1956

 

 ポルシェ 356は1956年にサスペンションなどを改良し356Aに変わりました。外観的にはV型に折れていたフロントスクリーンが曲面ガラスに変わりました。その後もエンジン、サスペンション、内装などに改良が加えられ、1959年には356Bに変わりました。356Bではバンパーとライトの位置が上に上がりフェンダーも高くなり、外観的には後継車となった911に近づいていました。1963年には最終型の356Cに変わりました。

 

 ポルシェは創業当時からレースに積極的に参加しており、スポーツカークラスでフェラーリなどと互角に戦っていました。1955年にはレーシングカー ポルシェ 550RSに搭載されたレース用の高性能エンジン1.5L(110HP)を搭載したカレラが追加されました。

 ポルシェ 356のミニカーはドイツのミニチャンプスがプロトタイプやレース仕様も含めて、356/356A/356B/356Cの細かな仕様の違いを反映したミニカーを約60種類もつくっています。同じドイツのシュコーもミニチャンプスほど細部にこだわってはいませんが、様々なバリエーションの356を約100種類もつくっています。

 

 

 画像のミニカーは1994年に発売されたディテールカー製です。356A(1959年式)のクーペをモデル化しています。ディテールカーはイタリアのCDC社のブランドで、2000年頃までこの類のスポーツカーをモデル化していました。名前通りのディテールに拘った当時としては良い出来ばえの物が多く、自社ブランドだけではなくソリドなどにOEM提供もしていました。このポルシェもプロポーションが良く、実車の雰囲気がうまく再現されています。ドア開閉ギミック付きで、ドアを開くとポルシェのロゴが付いたステアリングホイール、インパネのメーター類、足元のペダルなど細部も良く再現されています。ディテールカーはバリエーションでコンバーチブルとスピードスターもモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PORSCHE 356A COUPE 1
PORSCHE 356A COUPE 2

 以下は2001年に発売されたデルプラド製のカーコレクションシリーズのポルシェ 356A カブリオレ (1/43 No.3)の画像です。リアに「PORSCHE 1600」と表示されているので、1956年に追加された1.6Lエンジン搭載車をモデル化しているようです。製造メーカーは不明ですが、車名ロゴ/エンブレムや透明プラ製のテールライトなど結構リアルに仕上げてあり、安価なこのシリーズとしては良い出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PORSCHE 356 ROADSTER 1
PORSCHE 356  ROADSTER 2

 以下は1994年に発売されたブルム製のポルシェ 356 スピードスター ミッレ ミリア レース仕様車 (1/43 型番R207)の画像です。ブルムのカタログでは1952年式となっていますが、その年のミッレ ミリのレース記録に#403が見当たらないので、モデルになった実車は不明です。前述したブルム製の356 スピードスターの前後バンパーが取り外され、マフラーが大型の一本出しに変更されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PORSCHE 356A MILLE MIGLIA 1
PORSCHE 356A MILLE MIGLIA 2

 以下は1979年に発売されたカドー製のポルシェ 356A レーシング (1/43 型番7)の画像です。玩具問屋であった可堂玩具がミニカーの普及活動としてNMCC(日本ミニチュアカークラブ)を1968年に設立し、カドー ブランドでこのミニカーを発売しました。(マニア向けで当時の定価は5800円と高価でした) ボディはホワイトメタル製でバンパーなどのパーツも金属製です。レース仕様の簡単なバンパーやシート背後のロールバーなどでレーシングカーに仕立ててあり、1970年代のミニカーとしては良い出来ばえでした。カドーは356A スピードスターもモデル化していました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PORSCHE 356A RACING 1
PORSCHE 356A RACING 2

 以下は2000年に発売されたシュコー ジュニア製のポルシェ 356B (1/43 型番27032)の画像です。シュコー ジュニアはホンウェル(HONGWELL)製の1/43のミニカーを流用したものが多いですが、これもホンウェルの356Bを使ってサービス工場のジオラマに仕立てた物です。ホンウエルは安価なミニカーでしたが、この356Bはプロポーションが良く細部も結構良くできていました。ドア開閉ギミックが付いていて室内もそこそこ再現されています。ジオラマは多種多様のサービス用機器が実にリアルに再現され、タイヤを交換するメカニックも付いていて、とても良く出来ています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PORSCHE 356B COUPE 1
PORSCHE 356B COUPE 2

 以下はジオラマの画像です。床に置かれた工具、リフト、ガレージジャッキ、エアボンベ、CRT端末などが再現されていてとても面白いジオラマです。ただし床上の工具類は床と一体成型して塗装した物なので外すことはできませんし、それ以外もミニカー以外は床に固定されていますので単体で取り外すことはできません。(ミニカーはネジ止めなので外せます) (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PORSCHE 356B COUPE DIORAMA 1
PORSCHE 356B COUPE DIORAMA 2

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=536

   

 

PORSCHE 356C COUPE 1963 GERMANY

PORSCHE 356C COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM 226 1/43 94㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 空冷水平対向4気筒 1.6L 75HP 4段変速
性能: 最高速175km/h
データーベースでポルシェ 356のミニカー検索

 

ポルシェ 356C クーペ ドイツ 1963

 

 1948年に登場したポルシェ 356は1963年に最終型の356Cとなりました。4輪ディスクブレーキが採用され、356Bのサスペンション設定が変更されました。356Cの性能は1.6L(75HP)エンジン搭載車で最高速175km/h、2L(130HP)エンジンを搭載したカレラでは最高速200km/hでした。大衆車フォルクスワーゲン ビートルをベースにして生まれたポルシェ 356は、当初はスポーティなツーリングカーでしたが、長い間に熟成されて第一級のスポーツカーに変わりました。

 

 1963年に後継車のポルシェ 911が発表され、356は1965年に生産中止となりました。356シリーズの総生産台数は約76000台でした。ポルシェは従来のスパルタンな軽量スポーツカー(イギルスのMGやトライアンフなど)とはひと味違った、居住性の良い高度な内容のスポーツカーというジャンルを確立させていきました。

 

 

 ミニカーはブルム製で1995年頃に発売されました。356C クーペのモデル化ということで、1962年から変更されたリアのエンジンカバー上のグリルの大型化、バンパー形状の変更などが反映されていますが、あまり正確ではありません。同じブルム製の356と較べるとラジオのアンテナとバックミラーが追加されています。ブルムは356Cのカブリオレやポリス仕様もモデル化しています。ブルム以外の356Cのミニカーは、ミニチャンプス、シュコー、スパーク(レジン製)などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PORSCHE 356C COUPE 1
PORSCHE 356C COUPE 2

 以下は1995年に発売されたブルム製のポルシェ 356C カブリオレ(1/43 型番R224)の画像です。356のカブリオレと比べると畳まれた状態の幌のサイズが大きくなっていますが、これは幌が丈夫な物に変わったからでしょう。またフロントウィンドーのダイキャスト製窓枠が無くなっていますが、これは実車同様に窓枠を目立たないようにしたブルムの改良です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PORSCHE 356C ROADSTER 1
PORSCHE 356C ROADSTER 2

 以下は1993年に発売された同じブルム製のポルシェ 356C ドイツ ポリス(1/43 型番R198A)の画像です。カブリオレのパトカーは珍しいと思いますが、実車画像がありますので実在したポリスカーをモデル化しています。(実車画像→ ポルシェ 356C ポリス(POLIZEI)) リアにメガホンスピーカー、フロントピラーに青色灯が付いています。これ以外にもオランダ、スイス、ポルトガル、フィンランドのポリス仕様もありました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PORSCHE 356 COUPE POLICE 1
PORSCHE 356 COUPE POLICE 2

 以下は1998年に発売された同じブルム製のポルシェ 356C フィンランド ポリス(1/43 型番R198F)の画像です。こちらはフィンランドの356C クーペのポリスカー(POLIS)で、ルーフにホーンと青色灯が付いています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PORSCHE 356 COUPE POLIZEI 1
PORSCHE 356 COUPE POLIZEI 2

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=537

   

PORSCHE GT LE MANS (718 RS61 GTR) 1963 GERMANY

PORSCHE GT LE MANS (718 RS61 GTR) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 134 1/43 93mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 空冷水平対向8気筒 2L 210HP 5段変速
性能: 最高速255km/h
データーベースでポルシェ 718/787/804のミニカー検索

 

ポルシェ GT ルマン (718 RS61 GTR) ドイツ 1963

 

 前述した550は550RS、550RSKと発展し、1957年に後継車の718RSK(RSはレースカー Kはショートホイールベースの意)が登場しました。718RSKは空冷水平対向4気筒1.5L(142HP)エンジンをミドシップ搭載した2座スパイダーで、5段変速 最高速250km/hの性能でした。デビュー戦の1957年ルマンではリタイアしていますが、1958年ルマンではクラス優勝(総合3位)するなど各種レースで活躍しています。

 

 1960年のレギュレーション変更でウインドー面積を広げ、リアサスペンションを改良しエンジンを1.6L(160HP)に拡大した718 RS60が登場しました。1961年のレギュレーション変更でリアにトランクが追加され、718 RS61となりました。RS61からクーペ仕様が設定され、4気筒2L/8気筒2L(210HP)エンジンが追加されました。ルマン、タルガ フロリオ、ヒルクライムなど各種レースで活躍しています。1996年に登場した初代ボクスターは718 RS60 スパイダーをイメージしたデザインだとされています。

 

 

 ポルシェは718RSKを単座に改造した718F2で、1957年からフォーミュラ2に参戦しました。1960年には改良型の787が登場し、同年にF2のコンストラクターズ チャンピオンを獲得する活躍をしています。1961年にF1が1.5Lエンジンに変わったことでF1に参戦し、1962年には新開発の804(水平対向8気筒1.5L(180HP)エンジン)が登場します。804は1962年フランスGP(ドライバー D.ガーニー)で優勝しています。

 ミニカーはソリドの当時物で、1964年の発売です。1963年のルマンに出場した718 RS61 GTRをモデル化していると思われます。ソリドは当時からセンスの良いリアルな造形が特徴で、50年前のミニカーとしては非常に良くできています。(少しサイドラインの抑揚がオーバーですが、これがソリド流のデフォルメです) ソリドはF2(787)もモデル化しています。718/787/804のミニカーはカルツォ、ミニチャンプス、スパークなどでモデル化されています。

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1760

   

 

  ページ 1  2  3  4  5  6  7   次へ » 

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2023 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.