ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

TOYOTA (TOYOPET) CROWN (MS50) 1967 JAPAN

TOYOTA (TOYOPET) CROWN (MS50) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 170 1/40 114mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.67m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 6気筒 2L 125HP 4段変速 3段自動変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでトヨタ クラウン S50型のミニカー検索

 

トヨタ トヨペット クラウン MS50型 日本 1967

 

 1967年に3代目クラウン MS50型が登場しました。ボディは全体的に角がとれて丸みを帯び、フロントグリルは当時のアメリカ車 サンダーバードを思わせるデザインでした。エンジンは6気筒2L(125HP)のM型が主流で、3段AT/4段MT変速で、最高速150km/hほどの性能でした。従来の法人需要に加えて個人需要を喚起する為に、白をイメージカラーとした「白いクラウン」というキャンペーンが行われました。この戦略はあたり、クラウンはこのクラスで圧倒的なシェアを確保しました。

 

 1968年にはよりパーソナルな性格の2ドアハードトップ(このクラスでは初めて)が追加されました。大きな2灯式角形ヘッドライトを持つスタイリッシュなハードトップは斬新でした。1969年のマイナーチェンジで、フロントグリルが平面的なデザインになりました。この3代目から商用車(バン、ピックアップ)もマスターラインからクラウンに統一され、サードシートが付いた8人乗りのカスタム(ワゴン)もありました。1971年に4代目クラウンにモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、1968年に発売されました。プロポーションやグリルの出来は当時のミニカーとしては優れており、白のボディカラーなども相まって実車の雰囲気を良く再現しています。ダイヤペットは2ドアハードトップもモデル化していて、そちらも良い出来ばえでした。さらにパトカー仕様とMS50後期型をベースにした救急車仕様もモデル化していました。当時物ミニカーにはモデルペットとトミカの初期物がありました。最近の物としては、ファインモデルのアンチモニー製のセダン、コナミの絶版名車(1/64)のハードトップ、トミカ リミッテドのワゴンなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像とボンネットを開いたエンジン部/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA (TOYOPET) CROWN (MS50) 1
TOYOTA (TOYOPET) CROWN (MS50) 2

 以下は1970年に発売されたクラウン MS50 ハードトップ(型番188)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA (TOYOPET) CROWN (MS50) HARDTOP 1
TOYOTA (TOYOPET) CROWN (MS50) HARDTOP 2

 以下は1969年に発売されたクラウン MS50 パトカー(型番187)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA (TOYOPET) CROWN (MS50) POLICE 1
TOYOTA (TOYOPET) CROWN (MS50) POLICE 2
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=975

   

TOYOTA COROLLA SPRINTER (KE15) 1968 JAPAN

TOYOTA COROLLA SPRINTER (KE15) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 183 1/40 96㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.85m 全幅約1.49m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 64HP 4段変速
性能: 最高速145km/h
データーベースでトヨタ カローラ/スプリンター 初代のミニカー検索

 

トヨタ カローラ スプリンター KE15型 日本 1968

 

 初代カローラの人気は高く、スポーツ仕様を求めるユーザー層に応じて1968年に追加されたのがスプリンターでした。ボディ後半部分をクーペスタイルに変更していますが、これは当初から準備されていたようです。同じエンジンながら馬力が多少アップして最高速も5km/h高く、内装もスポーティでちょっとだけ値段が高いというバリエーション追加は、商売上手なトヨタらしいやり方でした。カローラはカローラ店で販売され、さらにスプリンターを売るトヨタオート店が新設されました。スプリンターも1969年に1.2L(68HP)エンジンに切り替わりました。1970年に2代目 スプリンターにモデルチェンジしました。

 

 今見るとカローラ セダンとスプリンター クーペのスタイルの違いはほんの少しでほとんど同じように見えます。また動力性能の違いも現代なら誤差の範囲内ですが、当時の車好きはそのようなわずかなスペックの違いにも敏感でした。またそのようなわずかなスペックの違いが車の売れ行きを左右した時代でもありました。

 

 

 ミニカーは唯一の当時物であるダイヤペット製で、1969年に発売されました。前述したカローラのリアを修正しフロントグリルとバンパーをプラスチック製パーツに変えて、スプリンターに仕立てています。この紫のカラーは実車にはなかったと思いますが、当時のミニカーとしても珍しい色でした。なおトランクの開閉ギミックを外した改良版(型番227)が1971年に発売されています。初代のスプリンターのミニカーはホンコン製の小スケール品があるようですが、現在でもそれ以外はないようです。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/トランク開閉とボンネットを開いたエンジン部の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA COROLLA SPRINTER (KE15) 1
TOYOTA COROLLA SPRINTER (KE15) 2

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=971

   

TOYOTA CORONA MARK II HARDTOP (RT70) 1968 JAPAN

TOYOTA CORONA MARK II HARDTOP (RT70) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 184 1/40 107㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m 全幅約1.61m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 100HP 4段変速 3段自動変速
性能: 最高速165km/h
データーベースでトヨタ コロナ マーク IIのミニカー検索

 

トヨタ コロナ マーク II ハードトップ RT70型 日本 1968

 

 コロナとクラウンの間を埋めるモデルとして、コロナの上級車コロナ マーク IIが1968年に登場しました。日産のローレルに対抗した車で、元々はコロナの次期型として開発されていました。コロナよりボディは一回り大きく、コロナのアローラインをさらに発展させたフロントのデザインとなっています。4気筒1.6L(85HP)/1.9L(100HP)のR型エンジンを搭載し、3段AT/4段MT変速で、最高速165km/h(1.9L)の性能でした。セダン、2ドアハードトップ、バン、ワゴン、ピックアップが設定され、このクラスの車として市場をリードしました

 

 1969年に高性能版の2ドアハードトップ GSSが追加され、この車にはDOHC化された2L(140HP)エンジンが搭載され、最高速は200km/hと高性能でした。1971年のマイナーチェンジでは、フロントグリルの中央部分に突起の有るデザインに変更され、イーグルマスクと呼ばれました。1972年に2代目コロナ マーク II(X20)にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で1969年に発売されました。細部のつくりにやや大雑把な部分もありますが、当時のミニカーとしてはそこそこ良くできていました。ダイヤペットはこれをイーグルマスクに変更した後期型ハードトップ(型番253)、初期型セダン(型番200)、ABS樹脂製の後期型ハードトップ(型番A01など)の4種類もモデル化していました。こんな具合にミニカーが多いと言うことは実車に人気があった証しです。(なお型番200のセダンはダイヤペットで最悪の出来ばえ?と言われている物で、後にレザートップ風にルーフを塗装した改良版が出ています) ダイヤペット以外の当時物としてはトミカのハードトップがありました。 最近の物としては国産名車コレクションからセダン、トミカ リミテッドからもセダンが出ています。2017年に国産名車コレクション 1/24でもセダンがモデル化されました。 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームと室内/トランクの開閉画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA CORONA MARK II HARDTOP (RT70) 1
TOYOTA CORONA MARK II HARDTOP (RT70) 2

 以下は2007年に発売された国産名車コレクションのコロナ マーク II セダン 1968 (1/43 No.32)の画像です。メーカーはノレブで、4ドアセダンをモデル化しています。特徴的なフロント部分の造形がリアルで、雑誌付きミニカーとしてはかなり良い出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA CORONA MARK II HARDTOP (RT70) 3
TOYOTA CORONA MARK II HARDTOP (RT70) 4

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=976

   

 

TOYOTA PUBLICA 1000 (KP30) 1969 JAPAN

TOYOTA PUBLICA 1000 (KP30) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 189 1/40 91mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.65m 全幅約1.45m
エンジン 変速機: 4気筒 1L 58HP 4段変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでトヨタ パブリカのミニカー検索

 

トヨタ パブリカ 1000 KP30型 日本 1969

 

 パブリカの2代目が登場したのは、初代登場から8年経過した1969年でした。この頃になるとカローラが大衆車となり、パブリカは若者向けの入門車という位置づけになりました。そこで若々しさを感じさせるデザインを目指したようですが、このKP30型は今ひとつの感じがありました。先代と同じ空冷800ccエンジンも残されていましたが、主たるエンジンはカローラのK型を流用した4気筒1L(58HP)/1.1L(68HP)で、4段変速で最高速150km/h(1.1L)の性能でした。

 

 カローラと同じ1.2Lエンジンを搭載したスポーツ仕様のSLが追加され、1972年のマイナーチェンジではリアがファーストバックのカローラ風の外観に変更され、空冷エンジンの設定がなくなりました。なおこの車には提携していたダイハツ工業から同じボディの姉妹車として、コンソルテという名前の車がでていました。 1973年にパブリカの上級車として、パブリカ スターレットが登場しました。1976年の最後のマイナーチェンジでKP50型となり、1978年の2代目 スターレットの登場でパブリカの名前は消えました。

 

 

 画像は1970年に発売されたダイヤペットの当時物です。フロントグリルの出来が良くないですが、プロポーションは悪くなく、実車の全体的な雰囲気はうまく再現されています。タイヤが大き目で車高が異様に高いのでアンバランスな感じがしますが、ボディを押しさげてやると本来のプロポーションが悪くないことが分かります。なお2代目パブリカのミニカーは現在(2019年)でもこれしかありません。 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームの画像とリア/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA PUBLICA 1000 (KP30) 1
TOYOTA PUBLICA 1000 (KP30) 2

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=977

   

TOYOTA 7 CAN-AM 1969 JAPAN

TOYOTA 7 CAN-AM 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 43711 1/43 89㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.75m 全幅約1.88m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 5L 530HP 5段変速
性能: 最高速 不詳
データーベースでトヨタ 7のミニカー検索

 

トヨタ 7 カンナム仕様 日本 1969

 

 1960年代のトヨタは量産車ベースの車で行うレースを重視していたので、本格的なプロトタイプスポーツカーの開発には消極的でした。日本GPには2000GTのレース仕様で参戦していましたが、日産 R380などのプロトタイプスポーツカーには勝ち目がありませんでした。そこで1967年にプロトタイプスポーツカーの開発を行うことになり、2000GTの開発と同じようにヤマハ発動機に開発を依頼しました。ヤマハはフォード GT40を購入して開発を進め、1968年にトヨタ 7の初代が完成しました。

 

 トヨタ 7の初代はアルミ製モノコックのシャーシに、新開発したアルミ合金製V型8気筒3L(328HP)エンジンを搭載するグループ7(カンナム仕様)のオープンカーでした。エンジンを3Lとしたのは、グループ6としてヨーロッパの耐久レース参戦も予定していたからだそうです。その為5Lクラスの大排気量エンジンが一般的なカンナムマシンとしてはパワー不足で、国内の耐久レースでは健闘したものの、1968年の日本GPでは優勝した日産 R381などについていけず、大敗しています。

 

 

 1968年日本GPの結果を踏まえて、1969年には新開発したV型8気筒5L(530HP)エンジンを搭載したトヨタ 7の2代目が登場します。シャーシは一般的な鋼管スペースフレームに変更され、ボディは直線的なデザインに変更されました。なおこのマシンのテスト走行中に福沢幸雄が事故死しています。1969年の日本GPでは日産 R382が1-2フィニッシュで優勝し、トヨタ 7は3-4-5位でした。同年のワールドチャレンジカップ 富士200マイル(通称 日本カンナム 第2回)ではトヨタ 7 カンナム仕様が優勝しています。

 1970年に5Lエンジンをターボ過給して800HPにパワーアップしたトヨタ 7 3代目が登場します。鋼管をアルミ合金に変えてシャーシを軽量化、サスペンションも軽合金で軽量化されています。外観的にはコクピット左右にあった吸気孔がボディ側面のNACAダクトに変わったのが目立ちます。トヨタはアメリカでのカンナム参戦も予定していましたが、日産が参戦しないことで日本GPが中止され、トヨタ 7のテスト走行で河合稔が事故死したこともあって、トヨタ 7の開発は中止され3代目のレース参戦はありませんでした。

 ミニカーはエブロ製で、2006年に発売されました。2代目のカンナム仕様で1969年の日本カンナム出場車をモデル化しています。ホイールやエンジン部がリアルに再現されていて、かなり良い出来ばえです。エブロは初代の日本GP/カンナム仕様、2代目の日本GP/カンナム仕様をモデル化しています。なお2代目の日本GP仕様の5種類は型番が異なるものが出ていますが、単なる同じ物の型番変更のようです。エブロ以外ではQモデル(レジン製)の初代と3代目、トミカの3代目やデルプラドの3代目があります。 以下はフロント/リアの拡大画像とエンジン部/俯瞰画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA 7 CAN-AM 1
TOYOTA 7 CAN-AM 2

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1789

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...27 次へ » 

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2022 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.