ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

PORSCHE 911 1964 GERMANY

PORSCHE 911 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 330 1/43 97mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.16m 全幅約1.61m
エンジン 変速機: 空冷水平対向6気筒 2L 130HP 5段変速
性能: 最高速210km/h
データーベースでポルシェ 911 (~1978)のミニカー検索

 

ポルシェ 911 ドイツ 1964

 

 基本的なスタイルを現在も変えていない偉大なスポーツカー ポルシェ 911の初代は、1963年に発表されました。フォルクスワーゲン ビートルをベースにしたポルシェ 356の後継車でしたが、911は全てが新規設計されました。モノコックボディ、空冷水平対向6気筒2L(130HP)エンジン、5段変速機、全輪独立懸架、全輪ディスクブレーキで、最高速210km/h、0-400加速16秒台と第一級の性能でした。また356の弱点であったオーバーステアー特性もかなり抑えられていたそうです。なお911は最初は901という名前でしたが、3桁で0を挟んだ名前を登録していたプジョーからクレームがつき911になったそうです。

 

 1965年に356C用の4気筒1.6L(90HP)エンジンを搭載し室内を簡素化した廉価版の912とオープンルーフのタルガが設定されました。1967年にエンジンを160HPにパワーアップした高性能版の911Sと、210HPにパワーアップしたレース用の911Rが追加されました。その後エンジンは1969年に2.2L、1971年に2.4L、1973年に2.7Lと拡大されました。1973年に北米の安全基準に対応する為に、大型のバンパーが採用され外観が大幅に変わりました。これはビッグバンパーと呼ばれ、1975年に登場した930 ターボの特徴でもありました。なおビッグバンパーを持つ初代 911(ターボの付かない930型ではないモデル)は1977年まで製造されました。

 

 

 今でも高い人気のあるポルシェ 911 初代のミニカーは非常にたくさんあります。当時物ミニカーとしては、ポリトーイ、メーベトイ、コーギー、シュコー、ガマ、メルクリン、ノレブ、ソリド、テクノ、トミカなど当時の主要なブランドのほとんどがモデル化していました。最近の物では、ミニチャンプス、シュコー、エブロ、オートアート、スパークなどでたくさんモデル化されています。画像のミニカーはビテスの初期物で、1987年頃に発売されました。約35年前に発売された昔のミニカーですがプロポーションが良く、全体的な雰囲気が良く再現されています。付属品で購入者が後付するワイパーとエンブレムなどのデカールが付いていましたので、それらを使えば細かいところの見ばえももっと良くなります。(画像の物には使っていません) 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PORSCHE 911 1
PORSCHE 911 2

 以下は1993年に発売されたビテス製のポルシェ 911R (1/43 型番L012)の画像です。上記のバリエーションでレース仕様の911Rをモデル化しています。前後バンパーとホイールが変更され、フロントフードの中央と右リアフェンダーにレース用のフィラーキャップが追加されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PORSCHE 911R 1
PORSCHE 911R 2

 以下は1966年に発売されたテクノ製の当時物 ポルシェ 911S(1/43 型番935)の画像です。約50年以上も前に発売されたビンテージミニカーですが、当時としてはリアルな作風でとても良くできています。ただタイヤ外形が少し大きめですので、少し腰高の感じがします。1960年代のミニカーですのでホイールやバンパーなどが金属製でヘッドライトにラインストーンが使われています。フロントフード/ドア/リアボンネットの開閉ギミック付きです。内張りと半開のサイドウィンドーが付いたドア、室内、エンジンルームなどの細部も良く再現されています。さらに当時のテクノの特徴であった前輪操舵ギミックも付いています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PORSCHE 911 3
PORSCHE 911 4

 以下はフロント/フロントフード開閉の画像とリア/リアボンネットを開いたエンジンルームの画像です。エンジンルーム内の水平対向エンジンは当時のミニカーとしてはかなりリアルに再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PORSCHE 911 5
PORSCHE 911 6

 以下は床下(底板)の画像と前輪操舵ギミックの画像です。前輪の操舵機構は子供が乱暴に扱っても壊れないよう、金属製でかなり頑丈に出来ています。(当時のミニカーは子供のおもちゃでしたので) なお通常はスプリングで直進状態になっているので、ボディ全体を押して左右に傾けることで前輪が操舵されます。
PORSCHE 911 6
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=539

   

PORSCHE 904 CARRERA GTS 1964 GERMANY

PORSCHE 904 CARRERA GTS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE V98069 1/43 96mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.09m 全幅約1.54m
エンジン 変速機: DOHC 空冷水平対向4気筒 2L 155HP 5段変速
性能: 最高速252km/h
データーベースでポルシェ 904のミニカー検索

 

ポルシェ 904 カレラ GTS ドイツ 1964

 

 レースカー 718の後継車として904が1964年に登場しました。GT2クラスのホモロゲーション取得のため、100台以上が生産されました。バックボーンフレームにFRP製ボディを載せる構造のGTカーで、サーキットまで自走していく程度の実用性がありました。標準のエンジンはDOHC 空冷水平対向4気筒2L(180/155HP)で、ワークス用の904/6は911用の6気筒2L(210HP)、904/8は804F1用をベースとした8気筒2Lでした。

 

 904のデビュー戦は1964年セブリング 12hで、クラス優勝(総合9位) しています。その後タルガ フロリオ優勝、ルマン クラス優勝などで活躍し、国際マニュファクチャラーズ選手権 GT2クラス チャンピオンを獲得しています。1964年の第2回日本GPでもクラス優勝(ドライバー 式場壮吉)しています。1965年にはプロトタイプクラスの904/6 904/8が主力となり、タルガ フロリオ GTクラス優勝、ルマン プロトタイプクラス優勝などで活躍し、GT2クラス チャンピオンを連続して獲得しています。後継車は1966年登場の906です。

 

 

 ミニカーはビテス製で、2001年頃の発売でした。倒産する前のビテス絶頂期のもので、精密に再現されたエンジン/サスペンションが見えるようにリアカウルを外して配置したディスプレイケースに収められています。ワイパーやリアカウル上の排気グリルにエッチングパーツを使うなどレベルの高い仕上げで、とても良くできています。ビテスはルマン仕様などバリエーションを数種類出しています。それ以外ではポリトーイの当時物、ミニチャンプス、シュコー、スパークなどがあります。私はこのミニカーのように内部構造を細かいパーツで再現していることを「精密」だと考えますので、最近の内部メカを再現していない新興レジン製ミニカーを「精密」だとは考えません。なお「精密」と「出来の良し悪し」とは別の評価基準で、「精密」=「出来が良い」という訳でもありません。

 以下はビテスの904のフロント/リアの拡大画像とエンジン等メカ部分の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PORSCHE 904 CARRERA GTS 1
PORSCHE 904 CARRERA GTS 2

 以下はポリトーイの当時物で904 カレラ GTS(型番535)の画像です。こちらもドア/前後フードが開閉し、エンジンなどのメカ部分が50年前のミニカーとしてはかなり精密に再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PORSCHE 904 CARRERA GTS 3
PORSCHE 904 CARRERA GTS 4

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1761

   

PORSCHE 911 TARGA 1965 GERMANY

PORSCHE 911 TARGA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MARKLIN 1800 1/43 97mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.1m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 空冷水平対向6気筒 2L 130HP 5段変速
性能: 最高速210km/h
データーベースでポルシェ 911 (~1978)のミニカー検索

 

ポルシェ 911 タルガ ドイツ 1965

 

 ポルシェ 911 タルガは356 カブリオレの後継車として1965年に登場しました。横転時の安全面からロールバーの役目を果たすBピラーが残されていましたが、トップとリアウインドーを取り外すことでオープンカーと同等になるものでした。このタルガという名前はイタリアの公道レース「タルガ フロリオ」に由来しています。なおBピラーが残らない完全なカブリオレも1983年に911 2代目(930型)で復活しました。

 

 911 タルガの当時物ミニカーはメルクリン、サブロン、ジク(SIKU)、ノレブ、コーギーなどがありました。画像のミニカーはメルクリン製の当時物で1968年に発売されました。鉄道模型の老舗であるドイツのメルクリン社は戦前から1970年代まで1/43のミニカーを発売していました。同社の鉄道模型と同様にミニカーも高品質で、この911 タルガはプロポーションがリアルで当時としては良い出来ばえでした。ホイールは走らせることを重視したフリーホイールなのですが、外観は1966年に追加された高性能版の911Sが履いていた軽合金ホイールに似せていますので、あまり違和感はありません。

 

 

 実車同様にトップを外すことができドアが開きますので、そこそこ再現された室内も良く見えます。特筆すべきはドアのサイドウインドーを上下させることが出来るギミックが付いていることです。ただここまで作りこんでおきながら、ドアの三角窓がフロントウィンドーと一体成型されているのはご愛敬です。 以下はフロント/リアの拡大画像とサイドウインドーが上下するギミック/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PORSCHE 911 TARGA 1
PORSCHE 911 TARGA 2

 以下は1970年に発売されたコーギー製の当時物 ポルシェ 911S タルガ (1/45 型番382)の画像です。全長が90㎜ですので縮尺は1/45ほどで、1/43より少し小さめに出来ています。当時流行りだったフリーホイールがやや目障りですが、プロポーションが良くこれもなかなか良く出来ています。ドアとリアボンネットが開閉するギミック付きです。室内のステアリングホイールは金色で目立ちますが、これは当時のコーギー製ミニカーの特徴でした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PORSCHE 911S TARGA 3
PORSCHE 911S TARGA 4

 以下はフロント/リアの拡大画像と、リアボンネットを開いたエンジンルームの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PORSCHE 911S TARGA 5
PORSCHE 911S TARGA 6

 以下は1986年頃に発売されたエリゴール製のポルシェ 911 タルガ (1/43 型番1147)の画像です。エリゴール初期のミニカーはノレブの型を流用しているものが多く、これもノレブの911 タルガ(型番141 プラスチック製)の型を流用しているようです。ただしダイキャスト製に材質変更しホイールを実車に即した物に変えているなど、エリゴール流のリファインがされていてノレブ製より少し良い出来ばえになっています。フロントフードが開閉するギミック付きです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PORSCHE 911 TARGA 7
PORSCHE 911 TARGA 8

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=540

   

 

PORSCHE 912 1965 GERMANY

PORSCHE 912 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS 527 1/43 97mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.1m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 空冷水平対向4気筒 1.6L 90HP 4段変速
性能: 最高速185km/h
データーベースでポルシェ 912のミニカー検索

 

ポルシェ 912 ドイツ 1965

 

 高性能な本格派スポーツカーとなったポルシェ 911は、当然ながら356に比べて高価格になってしまいました。当時のアメリカでは$7500ぐらいで、これは同時代のフォード マスタング 初代のベーシックモデルの3台分の価格でした。そこで廉価版として356C用の4気筒1.6L(90HP)エンジンを搭載して、室内を簡素化した912が1965年に設定されました。 価格は911の2/3で、最高速185km/h、0-400加速 18秒台と356C並みの性能でした。ポルシェのエントリーモデルとして約3万台が1969年まで生産されました。

 

 ミニカーはポリトーイ初期のMシリーズの当時物で、1967年に発売されました。外観が同じなのに911ではなくあえて912をモデル化した理由が不明ですが、何故か同時期のメーベトイも911ではなく912をモデル化しています。キャビン部分が大きめでプロポーションが今ひとつなので、Mシリーズとしてはやや不人気のモデルでした。(個人的には好きなミニカーですので紹介してますが) フロントトランク/ドア/リアボンネットが開閉するギミック付です。 これ以外の912のミニカーはブレキナ(1/87)、トミカ リミッテド(1/64)、シュコー、スパーク(レジン製)などがあります。1960年代後半に東名高速道路が開通したことで、912が高速道用パトカーとして採用されましたが、そのパトカーをブレキナとトミカ リミッテドがモデル化しています。

 

 

 以下はフロント/フロントトランク開閉の画像とリア/リアボンエットを開いたエンジンルームと室内の画像です。フロントトランクにはスぺタイヤとトランクが再現されています。またエンジンルーム内には当時物としてはそこそこリアルにエンジンも再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PORSCHE 912 1
PORSCHE 912 2

 以下は1969年に発売されたメーベトイ製の当時物 ポルシェ 912 (1/43 型番A33)の画像です。1968年のモンテ カルロ ラリーに出場した#21をモデル化しています。(実車は911Sで、この#21はリタイアしています) メーベトイは型番A12で912をモデル化していて、912のミニカーとしてはまずまずの良い出来ばえでした。これはそれにモンテ カルロ ラリーの紙シールを貼っただけのなんちゃってラリー仕様です。フロントトランク/ドア/リアボンネットが開閉するギミック付です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PORSCHE 912 3
PORSCHE 912 4

 以下はフロント/フロントトランク開閉の画像とリア/リアボンエットを開いたエンジンルームの画像です。これもトランク内にはスぺタイヤとトランクがあります。エンジンの造形は上記ポリトーイ製とは形状が異なり、リアルではありません。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PORSCHE 912 5
PORSCHE 912 6

 以下は1972年に発売されたメーベトイ製のポルシェ 911 ロンドン-シドニー ラリー (1/43 型番A51)です。1968年に開催されたロンドンからシドニー(オーストラリア)までの1.1万㎞の長距離ラリーに参戦した911S #58をモデル化しています。(#58は総合4位で、優勝したのはイギリスのヒルマン ハンター MK IIでした) フロントに追加した補助灯、屋根に積んだスペアタイヤ、ボディ全体を取り囲むプロテクトケージ、黄色のガードネットなどが実車に即して再現されています。このプロテクトケージなどによる重装備は野生動物(オーストラリアですからカンガルーなど)と衝突した際のダメージを防ぐものでした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PORSCHE 912 RALLY 1
PORSCHE 912 RALLY 2

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=541

   

PORSCHE 906 1966 GERMANY

PORSCHE 906 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 330 1/43 100mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.1m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 空冷水平対向6気筒 2L 220HP 5段変速
性能: 最高速280km/h
データーベースでポルシェ 906のミニカー検索

 

ポルシェ 906 ドイツ 1966

 

 1966年から国際マニュファクチャーズ選手権の対象がGTからプロトタイプに変わり、GT(スポーツカー)に対しては国際スポーツカー選手権が新設されました。これに対応して、ポルシェが初めて純粋のレーシングカーとして開発したのが906でした。鋼管スペースフレームにFRP製ボディの構造で、丸みのあるルーフとガルウイング式ドアを特徴とするデザインでした。

 エンジンは904用をチューンした空冷水平対向6気筒2L(210HP)で、ワークス用エンジンとしてその燃料噴射仕様(220HP)と804F1用を改良したDOHC 空冷水平対向8気筒2.2L(260HP)がありました。なお904の6気筒仕様が906と呼ばれていたので、当初の906はカレラ6と呼ばれていました。後に904の6気筒仕様を904/6、カレラ6を906と呼ぶことになりました。

 

 デビュー戦は1966年デイトナで、プロトタイプクラスで優勝しています。その後ワークスの主力は燃料噴射エンジン搭載車となり、タルガ フロリオで総合優勝、ルマンでクラス優勝するなど大活躍して、スポーツカー選手権チャンピオンとなっています。日本GPにもプライベーターが906で参戦しています。

 

 

 ミニカーはコーギーの当時物で、1967年に発売されました。当時は子供向けのおもちゃでしたが、プロポーションが良くフロント左右の特徴的なスポイラーが再現され、それなりに良くできています。ドライバーのフィギュアとリアカウルを開くと見えるそこそこリアルな6気筒エンジンも楽しいギミックです。これ以外にもディンキー(仏)、ソリド、マーキュリー、ガマなど当時の主要ブランドがモデル化していることが、当時の906の人気の高さを示しています。最近でもエブロ、ミニチャンプス、スパークなどでたくさんモデル化されています。 以下はコーギーの906のフロント/リアの拡大画像とリアパネルを開いたエンジン部分の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PORSCHE 906 1
PORSCHE 906 2

 以下は1967年に発売されたディンキー(仏)の906(型番503)の画像です。ドアとリアパネルが開閉するギミック付で、エンジンが再現されています。テールライト周辺の塗装が荒れてライトが脱落しそうになっていますが、これはテールライトを固定する接着剤の溶剤が塗装を侵した為だと思われます。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PORSCHE 906 3
PORSCHE 906 4

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://www.minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1762

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7   次へ » 

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2023 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.